ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

霜の終わる頃

  • お天気まめ知識のRSS

霜はいつごろまで降りるものなのでしょうか。

春になって、最後に降りた霜を終霜(しゅうそう)といいます。
この図は各地の終霜日の平年日を結んだものです。
このように終霜日は緯度や地形によって違いがあり、
一般に沿岸部で早く、内陸部では遅くなっています。

各地の平年の終霜日は、関東以西の太平洋側では3月上旬から下旬。
中部から東北にかけての内陸や北海道では5月上旬から中旬となっています。
ですから霜注意報の発表される時期にも地域差があります。
新潟は4月5日から5月31日。大阪は4月15日以降。
福岡は3月15日以降となっています。

霜が降りるときは、地表面付近の気温が0度以下になっており、
その時の気温が3度以下になっていることが多いのです。
「八十八夜の別れ霜」という言葉もありますが、
立春から数えて88日目にあたる八十八夜は、
霜の降りる時期がそろそろ終わる頃であるとした農業上の目安となっています。

今日の豆知識 - 秋のふとん干し

秋のふとん干し

朝の冷え込みが強まると、ふとんから出るのがつらくなってきますね。 ふとんの中が暖かいのは、ふとんに含まれる空気が熱を逃がさないからです。 ふとんが湿ってくると中の空気が少なくなって、 その分、熱......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おほーつくかいきだん【オホーツク海気団】
初夏(梅雨期)および初秋にオホーツク海に発生する気団。海面温度の低い海上で発生するので、湿度は高く、温度が低い。この気団からの北東の風が日本付近にふき込む...
おおゆきけいほう【大雪警報】
大雪により重大な災害がおこるおそれがある場合に、その旨を警告して行なう予報のこと。 警報の発表は気象庁が行なう。 大雪警報は各都道府県の地方気象台や指定地...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.