ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

霧ともや

  • お天気まめ知識のRSS

春の空は白くかすみ、やわらかい感じの青空になります。
「霞(かすみ)」はかすかに、ほのかに空にたなびくもの。
春がすみの原因はいろいろありますが、「霧」と「もや」もそのひとつです。

霧ともやは、いずれも非常にこまかな水滴の集まりで、
とても小さいのでほとんど空気中に浮かんでいます。
一般の生活では霧ともやの違いはあいまいですが、
気象観測では、この2つをはっきり区別しています。

霧ともやの違いは「視程(してい)」、いわゆる見通しです。
1キロ先が見えない場合は霧、1キロ以上見える場合はもや。
霧が濃くなって、見通しが500メートル以下になると、
海上の場合、濃霧注意報が発表されます。
さらに視程が100メートルまで落ちると、
陸上でも濃霧注意報が出され、交通機関に影響が出るおそれがあります。
ここまで見通しが悪くなると、もう春がすみとは言えませんね。

冬の乾いた空気に比べて、春の空気は湿り気が多く、
その分、霧やもやがかかりやすくなります。

今日の豆知識 - マツタケは雨・涼しさが好き

マツタケは雨・涼しさが好き

おいしいキノコはいろいろありますが、 秋の味覚といえば、やはりマツタケ!でしょう。 シイタケなどと違って、マツタケは人工的に栽培できません。 マツタケは、秋の天候によって生産量が大きく変わります......[ 続きを読む ]

お天気用語集

たつまき【竜巻】
激しい空気のうずまきで、大きな積乱雲の底から漏斗(ろうと)状に雲が垂れ下がり、陸上では砂を巻上げ、海上では海水を巻上げる。竜巻は低気圧と同じように左巻きの...
ほうしゃぎり【放射霧】
地面および地面近くの空気が放射冷却によって冷却されたときにできる霧。 夜、晴れて風の弱い時に出やすく、盆地で起こりやすい。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.