ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

山を上るサクラ

  • お天気まめ知識のRSS

街中のサクラが散った後も、まだ山のサクラが楽しめますよ。
標高が高くなるほど気温が低く、サクラの開花は遅れます。

サクラ前線が山を上る速さは、2〜3日で100メートルぐらいです。
ふもとのサクラが開花して、1週間後には標高300メートル、
2週間後には標高500メートルあたりでサクラが咲き始めます。
サクラ前線が標高1000メートルまでたどり着くのは一ヶ月後、
ふもとの町がすっかり新緑に包まれたころです。

例えば、栃木県の場合、
宇都宮など平野部では4月上旬が花見時、
山を上って奥日光に向かえば、4月中旬から5月中旬まで
サクラを追ってお花見を楽しむことができます。

神奈川県の箱根なら、
湯元の辺りで4月上旬、芦ノ湖まで行けば4月下旬が
お花見のシーズンです。

山の桜は種類もいろいろ。
ヤマザクラ、シダレザクラなどなど
山の斜面を彩る花はまた違った美しさがあります。
ふもとのサクラを満喫した後は、
花を追いかけて山へ出かけるのもいいですね。

今日の豆知識 - 万緑叢中紅一点

万緑叢中紅一点

「紅一点」といえば、大勢の男性の中に女性が一人だけいる様子です。 緑の草原の中に一輪の紅い花が咲いている光景で、 女性を花に例えたわけです。 ところで、この紅い花は何の花でしょう。 シャクヤク......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ときどき【時々】
雨などの現象がときどき起こり、その現象の合計時間が予報期間の半分以下のとき。 「くもり時々晴れ」などと使われる。
こうさ【黄砂】
中国の黄河上流の黄土地帯などで、ふき上げられた多量の砂じんが風にのって飛来し、空一面をおおって少しずつ降下する現象を黄砂という。西日本の春に目立つが、関東...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.