ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

雨と雪の割合

  • お天気まめ知識のRSS

4月は北国に遅い春がやってくる月です。

札幌を例に、雨と雪の降る割合を比べてみましょう。
3月上旬は、5対1の割合で雪が降りやすくなっています。
また、関東から西で、次々にサクラが咲き出す3月下旬でも2対1の割合で、
まだ雪の振る日が多くなっています。

4月に入ると、雨と雪の割合は一気に逆転します。
2対1の割合で雨が多くなり、遅い春が駆け足をするようになります。
札幌の雪が終わりの平均は4月19日。

でも、4月の下旬になっても20回に1回は雪が降ることがありますし、
5月に入っても3年に1度くらいは雪を観測しています。
最も遅い雪の観測記録は、5月下旬となっています。

年によってはサクラや新緑に、本物の雪が降ることもあるわけです。

今日の豆知識 - ホタル前線

ホタル前線

今年も西日本ではホタルが姿を見せるようになってきました。 日本には約40種のホタルの仲間がいますが、 このうち数が多いのはゲンジボタル、ヘイケボタル、 ヒメボタルです。 ゲンジボタルは北は青森......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ふうそく【風速】
風がふき、過ぎて行く速さをm/秒単位であらわしたもの。風のふきかたは一様ではないので平均をとって平均風速とし、瞬間の風速を瞬間風速とする。 風の強さの目安...
にんじんじょうのくも【にんじん状の雲(テ-パリングクラウド)】
風上に向かってしだいに細く筆のような形をした発達した積乱雲のあつまり。気象衛星画像で見ると「にんじん」のような形をしている。大雨や突風などの現象をともなう...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.