ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

桜の季節に夏日

  • お天気まめ知識のRSS

夏日が一番早く現れたのは1941年の3月21日。
2番目は3月30日で1997年。
3月中に夏日が現れたのはこの2回だけです。

そして、3番目が2002年の4月2日です。
初めての夏日が出た日を平均すると、東京では4月30日頃になります。

3月末から4月の初めにかけては、東京でいうと桜の季節。
お花見に「夏日」というのは、かなりめずらしいといえるでしょう。
といっても、今年の桜は早くも葉桜になりつつあります。
第2位の1997年は、3月21日に桜が開花、
夏日になった翌日、31日に桜が満開を迎えました。

※統計期間について
1922年以前は、気象庁の観測場所が現在と異なるため記録に含めていません。

今日の豆知識 - ホタル前線

ホタル前線

今年も西日本ではホタルが姿を見せるようになってきました。 日本には約40種のホタルの仲間がいますが、 このうち数が多いのはゲンジボタル、ヘイケボタル、 ヒメボタルです。 ゲンジボタルは北は青森......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ふうそく【風速】
風がふき、過ぎて行く速さをm/秒単位であらわしたもの。風のふきかたは一様ではないので平均をとって平均風速とし、瞬間の風速を瞬間風速とする。 風の強さの目安...
にんじんじょうのくも【にんじん状の雲(テ-パリングクラウド)】
風上に向かってしだいに細く筆のような形をした発達した積乱雲のあつまり。気象衛星画像で見ると「にんじん」のような形をしている。大雨や突風などの現象をともなう...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.