ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

新芽は霜に弱い

  • お天気まめ知識のRSS

春が早くやってきた年ほど、遅霜に注意が必要です。
新芽や若葉が早く育ち、それだけ霜の被害を受けやすいからです。

例えば、遅霜で大きな被害が出ることもあるお茶の場合、
常緑樹ですから、冬の間も緑の葉は残っていますが、
冬なら氷点下10度以下の寒さにも耐えられます。
木や葉自体が、寒さに強い冬用のつくりになっているからです。
ところが、春に伸びてきた新芽は暖かい春用のつくりです。
このため、新芽や若葉は霜や寒さに弱く、
氷点下2、3度ですぐに凍死してしまいます。
お茶の木に限らず、およそ新芽や若葉は霜に弱いものです。
ジャガイモなどの野菜や果樹も、遅霜の被害を受けることがあります。

暖かくなったとはいってもまだ4月、
移動性高気圧に覆われてよく晴れた夜は、
内陸では霜がおりることもめずらしくありません。

最低気温が3度以下で、霜注意報が出されるような夜は、
農家の方はもちろんですが、
家庭でも霜に弱い植物などに気を配ってあげてください。

今日の豆知識 - 静電気を防ぐコーディネート

静電気を防ぐコーディネート

ものが触れたり、摩擦したりすると静電気が発生します。 冬は服を重ねて着ますから、 服同士の摩擦で、余計に静電気が起きやすい季節。 ただ、服の組み合わせによっては 静電気を少なくすることができます......[ 続きを読む ]

お天気用語集

くものぶんるい【雲の分類】
雲は、おもにできる高さや形状によって10種類にわけることができ、これを十種雲形という。 雲を高さで分類すると、「上層雲」「中層雲」「下層雲」に分けられる。...
じふぶき【地吹雪】
積もった雪が風のために空中に吹き上げられる現象。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.