ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

四季の山

  • お天気まめ知識のRSS

昔から日本の人々は、四季折々の山の姿を眺めては、
その季節ごとに俳句の季語として取り上げてきました。

春の山は「山笑う」と表現されます。
暖かくなって、動植物が一斉に目覚める季節、
若葉や春の花が柔らかな日差しを浴びている風景を
あたかも微笑んでいるかのように感じたのでしょう。

夏の山には「山滴り」という言葉があります。
夏山の朝はしっとりと霧に包まれ、
苔むした岩肌からは清らかな水滴が滴り落ちています。
暑さの中にも涼を呼ぶ情景をとらえた表現ですね。

秋になれば、紅葉が鮮やかに山を彩ります。
赤や黄色の紅葉は錦にもたとえられ、
これをまとう秋の山は、言うまでもなく「山装う」です。

そして冬、山は深い雪に閉ざされ、
たとえ雪がなくても、落葉樹はすっかり葉を落としています。
静寂に包まれて、眠りに就いているかのような山の姿は、
「山眠る」と表現されます。

豊かな四季を持つ自然は、私たちの心を癒してくれる貴重な財産です。
これから夏にかけて、山に入るひとも多いと思いますが、
山の環境を守りながら、自然とふれあいたいものです。

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.