ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

暖かいと開くチューリップ

  • お天気まめ知識のRSS

春の花の中でも、チューリップは子供たちの人気者。
チューリップは、つぼみが開いてから1週間ぐらい、
気温に合わせて開いたり閉じたりしてます。

チューリップの花は気温が10度以下だと閉じたままです。
一方、20度以上では大きく開いた形になります。
10度から20度の間では、
気温が上がると開いて、下がると閉じるの繰り返しです。

4月中旬から下旬にかけて、
昼間の気温は18度から20度まで上がりますから、
チューリップの花は外側に大きく開きます。
逆に、夜から朝にかけては10度ぐらいまで冷えて、
花びらは内側に動いて、閉じた形になります。

花びらの動きがはっきりわかるのは晴れの日です。
気温の差が大きいほど、花びらの動きも大きいからです。
曇りの日は気温の差が小さいので、あまり動きません。
晴れた暖かい日には虫たちの動きも活発ですから、
チューリップは扉を開けて待っているという感じでしょうか?

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.