ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

春はなぜ眠い?

  • お天気まめ知識のRSS

春はなぜ眠くなるのでしょうか?
まず一つとして考えられるのが、
春は日が長くなるので、活動時間が長くなり、
結果的に就寝時間も遅くなって睡眠不足になってしまうのです。

次には暖かくなると新陳代謝が活発になり、ビタミンB1が必要します。
日本人は白米でお腹をふくらせているので、ビタミンB1が不足しがちで、
世界の中でもいねむりをよくしてしまう国民なのだそうです。

眠気を感じる時期は、最低気温6度から15度ぐらいの時期であるとしています。
ちょうど布団をかぶって暑くもなく寒くもなくといった気温で、
なかなか布団からも出られないのではないでしょうか?
この気温は東日本や西日本の太平洋側では3月末から5月の中頃に当たり、
ちょうど年度が変わる時期から連休明けの時期なので、
環境の変化による心労や、また連休で遊び疲れた結果、
眠くなるということも考えられるではないでしょうか?

日本人的食生活や年中行事・昼夜の長さの逆転に加えて、
心地よい温度が春の眠りを誘うのではないでしょうか?

今日の豆知識 - ふくらスズメ

ふくらスズメ

日に日に寒さが厳しくなるこの季節、山には雪も降り、 虫や木の実といった食べ物も減ってきています。 数少ないエサを求めて、 庭や公園にもいろいろな小鳥達がやって来ていますね。 日ごろよく見かける......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ときどき【時々】
雨などの現象がときどき起こり、その現象の合計時間が予報期間の半分以下のとき。 「くもり時々晴れ」などと使われる。
ていきあつ【低気圧】
周囲に比べて気圧が低いところを低気圧という。天気図の中心に「低」または「L」とかいてあり、中心部の等圧線が円形やだ円形に閉じていて、その中心に近づくほど気...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.