ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

北国の春は百花繚乱

  • お天気まめ知識のRSS

梅は春が来ることを告げる花、桜は春が来たことを告げる花。
梅から桜へ、花の季節が進むのにどれぐらいかかるでしょうか?

東京では、梅の開花から桜の開花までおよそ2ヶ月かかっています。
東京より300キロ北の仙台では、少し早まって一ヶ月半です。
梅の花見が終わってから桜のお花見というペースですね。
さらに北上して秋田まで行くと、梅が咲いてからわずか1週間で桜が咲きます。
北へ行くほど、梅から桜への移り変わりが早まり、
札幌では開花日がともに5月5日、桜が梅に追いついてしまいます。
東京よりひと月以上遅れる代わりに、梅と桜を同時に楽しめますね。

関東から西では、春の花が順次咲いていくのに対して、
北国ではあらゆる春の花が一斉に咲き出すということです。
北国の春はまさに百花繚乱といえるでしょう。

今日の豆知識 - 紅葉と初霜どちらが早い?

紅葉と初霜どちらが早い?

この先一か月ぐらいは、全国各地で紅葉狩り(もみじがり)のピークになりますね。 紅葉狩りにでかけるときには、 それなりの防寒対策、厚手の服装が必要です。 全国の気象台や測候所で、紅葉(こうよう)......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しゅうちゅうごうう【集中豪雨】
狭い範囲で降る豪雨。局地的な豪雨。
しっすう【湿数】
気温から露点温度の差。値が小さいほど湿っている。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.