ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

北国の春は百花繚乱

  • お天気まめ知識のRSS

梅は春が来ることを告げる花、桜は春が来たことを告げる花。
梅から桜へ、花の季節が進むのにどれぐらいかかるでしょうか?

東京では、梅の開花から桜の開花までおよそ2ヶ月かかっています。
東京より300キロ北の仙台では、少し早まって一ヶ月半です。
梅の花見が終わってから桜のお花見というペースですね。
さらに北上して秋田まで行くと、梅が咲いてからわずか1週間で桜が咲きます。
北へ行くほど、梅から桜への移り変わりが早まり、
札幌では開花日がともに5月5日、桜が梅に追いついてしまいます。
東京よりひと月以上遅れる代わりに、梅と桜を同時に楽しめますね。

関東から西では、春の花が順次咲いていくのに対して、
北国ではあらゆる春の花が一斉に咲き出すということです。
北国の春はまさに百花繚乱といえるでしょう。

今日の豆知識 - 落雷時は電化製品から離れよう

落雷時は電化製品から離れよう

雷がなっている時は、屋外よりも室内の方が安全です。 ただし、室内でも電化製品や電話線から1メートル以上 離れておいた方がいいでしょう。 近くの配電線に落雷すると、 雷の異常電圧が建物や電灯線を......[ 続きを読む ]

お天気用語集

あたたかいあめ【暖かい雨】
凝結の始まりから雨が降るまで、一度も氷の粒を作らない雨。夏に降る。
さんせいう【酸性雨】
ちっ素酸化物やいおう酸化物などの酸性汚染物質が大気中の水蒸気にとけ、硝酸や亜硝酸硫酸など、となり酸性(pH5.6以下)となった雨。 酸性雨は森林を枯らした...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.