ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

強風日数

  • お天気まめ知識のRSS

春は大風の季節といわれ、全国的に強い風の吹く日が多くなります。

東京で10メートル以上の強い風が吹く日数をみると、
3月は4日以上あり、1年で最も多くなっています。
次いで2月、4月の順に多く、春先に多いことがわかります。

これは、発達した低気圧が日本付近を通るようになるため。
また、冬よりも日差しが強まって、
地面と上空との間に対流が起こりやすいことも関係しています。

春の強風は、時として乾燥した高温の強風になります。
この強風は、林野火災をもたらすことがあります。
山焼きや山菜取りをする季節と重なることも、大きな要因です。
また、全層なだれや雪融け洪水をもたらすことがありますから、
春先に山に入る時は、十分な注意が必要です。

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.