ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

しんきろうが見えると雨

  • お天気まめ知識のRSS

春型のしんきろうは、遠くの景色が上の方に長く伸びたり、
反転して見えたりする現象です。

これは平成11年の場合ですが、
3月から4月にかけて7回、しんきろうが現れました。
そのうち、翌日の天気は80%以上が雨、
翌々日ではほぼ100%雨が降っています。
どうしてでしょうか?

しんきろうが出現しやすいのは、
2、3日穏やかな晴れの天気が続いたあと。
つまり、移動性高気圧に覆われている形です。
春から初夏の天気は周期的に変わりますから、
高気圧は2、3日で通り過ぎて、低気圧がやってきます。
このため、しんきろうが現れた翌日あるいは翌々日は
雨が降りやすいといえるでしょう。

天気のリズムを考えてみると、
しんきろうは翌日の天気を知る目安になりますね。

今日の豆知識 - 天気で変わる明るさ

天気で変わる明るさ

夏至までひと月をきり、太陽の光が一段と強くなる季節。 晴れた日はまぶしいほどの明るさになりますが、 明るさは天気によってどれぐらい違うものでしょうか? 快晴の昼の明るさを100とすると、 うす......[ 続きを読む ]

お天気用語集

だんき【暖気】
まわりの空気に比べて高温な空気。
きあつはいち【気圧配置】
高気圧、低気圧、前線などの位置関係のこと。日本付近では季節特有の気圧配置がある。 例 春・秋:移動性高気圧 初夏:梅雨型 夏:南高東低型 冬:西高東低型...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.