ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

しんきろうが見えると雨

  • お天気まめ知識のRSS

春型のしんきろうは、遠くの景色が上の方に長く伸びたり、
反転して見えたりする現象です。

これは平成11年の場合ですが、
3月から4月にかけて7回、しんきろうが現れました。
そのうち、翌日の天気は80%以上が雨、
翌々日ではほぼ100%雨が降っています。
どうしてでしょうか?

しんきろうが出現しやすいのは、
2、3日穏やかな晴れの天気が続いたあと。
つまり、移動性高気圧に覆われている形です。
春から初夏の天気は周期的に変わりますから、
高気圧は2、3日で通り過ぎて、低気圧がやってきます。
このため、しんきろうが現れた翌日あるいは翌々日は
雨が降りやすいといえるでしょう。

天気のリズムを考えてみると、
しんきろうは翌日の天気を知る目安になりますね。

今日の豆知識 - サッカー五分刈り・ゴルフは五厘

サッカー五分刈り・ゴルフは五厘

野球場では人工芝も使われますが、サッカー場は全て天然芝。 同じく天然芝でプレーするゴルフと芝を比べてみましょう。 一言で言うなら「サッカーは五分刈り・ゴルフは五厘(ごりん)」 まず芝の長さが違......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ごうう【豪雨】
1時間または3時間のどちらか一方の大雨警報基準を超え、かつ24時間の警報基準を超える大雨。24時間以内に100mm(北日本)〜200mm(西日本)以上とな...
さんせいう【酸性雨】
ちっ素酸化物やいおう酸化物などの酸性汚染物質が大気中の水蒸気にとけ、硝酸や亜硝酸硫酸など、となり酸性(pH5.6以下)となった雨。 酸性雨は森林を枯らした...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.