ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

春の天気はふく・ふる・どん

  • お天気まめ知識のRSS

春の天気の特徴と言いますと、「風が強い」「ほこりっぽい」などが頭に浮かびますが、
それと共に今まで以上に天気が変わりやすくなるという事でしょう。

冬場は冬型の気圧配置の日が多いため、太平洋側の地方は乾燥した晴天の日が続いていました。
それが春になると高気圧、低気圧が日本付近を交互に通るため、
天気も周期的に変化するようになります。
まず、低気圧や前線が近づくと天気が崩れて雨の降る割合が多くなってきます。
場合によっては春の嵐に見舞われることもあるでしょう。
そして、低気圧が抜けて天気が回復すると、一時的に冷たい空気が流れ込んで
北風が強く吹くようになります。
逆に南風が強まる時もありますが、このような時は空気が乾燥しているので
ほこりっぽさに閉口してしまいますね。
このような風がおさまって穏やかに晴れた後は、すでに次の低気圧や前線が
近づいているため、次第に曇り空に変わってしまいます。

このように春の天気は「雨が降る」「風が吹く」「曇天」となるの繰り返しとも言えるでしょう。
昔から言われる、ふる、ふく、どんという言葉は、
いかにも春の天気の的を得ているようです。

今日の豆知識 - エアコンを快適に

エアコンを快適に

風薫る5月。 風がすがすがしい季節ですが、陽射しの強い季節でもあります。 クルマでのお出かけ、窓を締め切っていると社内の温度は急上昇。 そこでエアコンが大活躍します。 エアコンは車内の暖かい空......[ 続きを読む ]

お天気用語集

こゆき【小雪】
数時間降り続いても、1時間あたりの降水量が1mmに満たない雪のこと。
じすべり【地すべり】
山地のゆるい斜面を構成している土砂や岩石が、ゆっくりと移動する現象。大雨や雪解け による地下水の急な増加が原因となることが多い。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.