ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

春の天気はふく・ふる・どん

  • お天気まめ知識のRSS

春の天気の特徴と言いますと、「風が強い」「ほこりっぽい」などが頭に浮かびますが、
それと共に今まで以上に天気が変わりやすくなるという事でしょう。

冬場は冬型の気圧配置の日が多いため、太平洋側の地方は乾燥した晴天の日が続いていました。
それが春になると高気圧、低気圧が日本付近を交互に通るため、
天気も周期的に変化するようになります。
まず、低気圧や前線が近づくと天気が崩れて雨の降る割合が多くなってきます。
場合によっては春の嵐に見舞われることもあるでしょう。
そして、低気圧が抜けて天気が回復すると、一時的に冷たい空気が流れ込んで
北風が強く吹くようになります。
逆に南風が強まる時もありますが、このような時は空気が乾燥しているので
ほこりっぽさに閉口してしまいますね。
このような風がおさまって穏やかに晴れた後は、すでに次の低気圧や前線が
近づいているため、次第に曇り空に変わってしまいます。

このように春の天気は「雨が降る」「風が吹く」「曇天」となるの繰り返しとも言えるでしょう。
昔から言われる、ふる、ふく、どんという言葉は、
いかにも春の天気の的を得ているようです。

今日の豆知識 - スノーマシーン

スノーマシーン

12月早々にオープンするスキー場の秘密兵器、 それは「スノーマシーン」人工雪を降らせる器械です。 シーズン初めで雪が少ない時期、地形的に雪がつきにくい場所、 人工的に作った雪がそれをフォローして......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ほくとうきりゅう【北東気流】
梅雨期や夏オホーツク海付近に高気圧があると、北日本から東日本の太平洋側を中心に冷たく湿った北東風がふく、これを北東気流という。夏の北東気流は「やませ」とい...
こうかがくたいきおせん【光化学大気汚染】
光化学オキシダントによる大気汚染。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.