ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

強まる日差し

  • お天気まめ知識のRSS

冬場は部屋の奥まで差し込んでいた日の光も、わずかずつ窓辺に近づいており、
逆に今まで日陰になっていた庭先にもだんだん日が当たるようになって来ました。
太陽の高度がそれだけ上がって来た訳です。

東京を例にとると、冬至の頃は正午でも約31度しかなかった太陽の高さは、
今頃は約55度まで上がっており、そろそろ見上げるような高さになって来ました。
画面をごらん頂いても、同じ幅の太陽光線が同じ場所に当たった場合、
太陽の高度が高ければ高いほど、より多くの光線を受ける事ことになります。
今ごろの日差しは、冬至の頃に比べるともう6割も強くなっており、
さらにこれからは加速度的に強くなって行きます。
当然、紫外線も強くなる一方ですから、女性にとってはそろそろ
肌の日焼けが気になり出す季節でしょう。

反面、これからは夜よりも昼間の時間が長い「日長の季節」、
秋口とは違って屋外での作業にも自然と余裕が持てるようになります。
桜の開花も間じかに迫って、もう本格的な春へまっしぐらですね。

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.