ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

開花と満開

  • お天気まめ知識のRSS

満開のサクラの下のお花見が心待ちにされる季節ですね。
この時期、気象庁や気象台では
サクラが開花した、あるいは満開になったと発表しますが、
その目安はどういったものでしょうか?

「開花」は標本木の花が数輪咲き始めた状態です。
最初の1輪が咲いたら開花ではないの?と思いますが、
1輪だけではたまたま咲いたということもあるため、
数輪という基準になっています。
次々と花が咲いて、8割以上のつぼみが開いた時が「満開」です。

また、開花、満開を観測する木は気象台ごとに決められています。
これが「標本木(ひょうほんぼく)」と呼ばれるもので、
毎年同じ木で観測されます。
公園、神社やお寺の境内の木が標本木に選ばれることも多く、
花の季節になると、予報官が出向いて観測をします。

満開を観測しているのはサクラだけですが、
開花は、早春のウメやツバキ、晩春のツツジやフジ、
夏のアジサイ、秋のハギ、ススキなど、いろいろあります。

お花見スポットの木と標本木とでは違いがありますが、
気象台からの花の便りも参考にして、
お花見を予定を立ててみてはいかがでしょうか?

今日の豆知識 - 紅葉と初霜どちらが早い?

紅葉と初霜どちらが早い?

この先一か月ぐらいは、全国各地で紅葉狩り(もみじがり)のピークになりますね。 紅葉狩りにでかけるときには、 それなりの防寒対策、厚手の服装が必要です。 全国の気象台や測候所で、紅葉(こうよう)......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しゅうちゅうごうう【集中豪雨】
狭い範囲で降る豪雨。局地的な豪雨。
しっすう【湿数】
気温から露点温度の差。値が小さいほど湿っている。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.