ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

エルニーニョの仕組み

  • お天気まめ知識のRSS

エルニーニョ現象。
最近異常気象が話題になると、よく耳にする言葉ですが、
そのしくみをみてみましょう。
エルニーニョ現象は赤道付近の太平洋の日付変更線から南米沿岸からにかけての
広い海域の海水温が平年に比べて数度も高くなる現象です。

太平洋の赤道付近の気圧配置は、通常、東で高圧部、西で低圧部で、
東西の気圧差によって、東から西へ貿易風が吹いています。
この風に押し流されるように表面の海水も東から西へ動きます。
ペルー沖の海水が西へ流れる分底のほうの冷たい海水が上がってきます。
ペルー沖の海水温は他の赤道付近より低いのが通常なのです。

ところが、何らかの理由で貿易風が弱くなると海水の動きも弱くなり、
ペルー沖の海水温は、いつもより高くなってしまいます。
これがエルニーニョ現象です。

日本ではエルニーニョ現象発生中は、
暖冬・冷夏になりやすく、梅雨明けが平年より遅れる傾向にあります。

ただし、監視海域の海面水温が基準値より高い状態が数か月程度で終り、
エルニーニョ現象にならないことも考えられるため、
今後の推移を注意深く監視する必要があります。

今日の豆知識 - ふくらスズメ

ふくらスズメ

日に日に寒さが厳しくなるこの季節、山には雪も降り、 虫や木の実といった食べ物も減ってきています。 数少ないエサを求めて、 庭や公園にもいろいろな小鳥達がやって来ていますね。 日ごろよく見かける......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ときどき【時々】
雨などの現象がときどき起こり、その現象の合計時間が予報期間の半分以下のとき。 「くもり時々晴れ」などと使われる。
ていきあつ【低気圧】
周囲に比べて気圧が低いところを低気圧という。天気図の中心に「低」または「L」とかいてあり、中心部の等圧線が円形やだ円形に閉じていて、その中心に近づくほど気...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.