ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

エルニーニョの仕組み

  • お天気まめ知識のRSS

エルニーニョ現象。
最近異常気象が話題になると、よく耳にする言葉ですが、
そのしくみをみてみましょう。
エルニーニョ現象は赤道付近の太平洋の日付変更線から南米沿岸からにかけての
広い海域の海水温が平年に比べて数度も高くなる現象です。

太平洋の赤道付近の気圧配置は、通常、東で高圧部、西で低圧部で、
東西の気圧差によって、東から西へ貿易風が吹いています。
この風に押し流されるように表面の海水も東から西へ動きます。
ペルー沖の海水が西へ流れる分底のほうの冷たい海水が上がってきます。
ペルー沖の海水温は他の赤道付近より低いのが通常なのです。

ところが、何らかの理由で貿易風が弱くなると海水の動きも弱くなり、
ペルー沖の海水温は、いつもより高くなってしまいます。
これがエルニーニョ現象です。

日本ではエルニーニョ現象発生中は、
暖冬・冷夏になりやすく、梅雨明けが平年より遅れる傾向にあります。

ただし、監視海域の海面水温が基準値より高い状態が数か月程度で終り、
エルニーニョ現象にならないことも考えられるため、
今後の推移を注意深く監視する必要があります。

今日の豆知識 - 日本の梅雨が苦手な国

日本の梅雨が苦手な国

梅雨どきの天気として大きく分けて 2つのパターンがあります。 梅雨の初めごろは、太平洋高気圧の勢力が弱いため、 前線は日本の南岸に停滞し、しとしととした雨を降らせます。 冷たく湿った北東の風が吹......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ぼうえきふう【貿易風】
赤道付近で定常的にふいている対流圏下層の東風。
ぎゃくてんそう【逆転層】
高度が上昇するほど気温が上昇する気層のこと。普通、気温は高度が上昇すると低下する傾向があるが、それとは逆になっている。冬の晴天時、放射冷却によって起こる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.