ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

晴れているのに雪が舞う

  • お天気まめ知識のRSS

「晴れ時々曇りでにわか雪」という天気予報が、発表されることがあります。
このような天気は冬の太平洋側の地方に共通しているもので、
日本海側や山沿いに雪を降らせていたものが、
時々山脈を越えて太平洋側にもやってくる時にみられる現象です。

寒波の著しい時は積もるほども降るものですが、
ふつうは、冬型の気圧配置で季節風が強く気温の低い日に
ちらつく程度に降ることが多いのです。

ちらちらと降る雪は、風に舞うようにも見られます。
小雪が風に舞う様子が、花びらを連想させるところから、
「風の花・・かざはな」という呼び方があります。
また「かざばな」と呼んだり、
山を吹き越える・・と書いて「ふっこし」と呼んでいる地方もあります。

空が晴れているのに、舞うようにチラチラと落ちてくる雪は、
寒さの中に咲く花ともいえるでしょう。

今日の豆知識 - 寒さとインフルエンザ

寒さとインフルエンザ

風邪に悩まされる季節となりました。 風邪の中でもインフルエンザは症状が重くなったり、感染力が強いので厄介です。 そのインフルエンザウイルスの流行は、気象と密接な関係があることは よく知られていま......[ 続きを読む ]

お天気用語集

じょうしょうきりゅう【上昇気流】
大気が上昇している状態。山岳をふき越そうとする風や低気圧の中心、発達した積乱雲の 中などでみられる。(⇔下降気流)
ぎゃくてんそう【逆転層】
高度が上昇するほど気温が上昇する気層のこと。普通、気温は高度が上昇すると低下する傾向があるが、それとは逆になっている。冬の晴天時、放射冷却によって起こる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.