ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

雪の結晶を作ろう

  • お天気まめ知識のRSS

ペットボトルを使って雪の結晶を作ってみましょう。

用意するものは、
ペットボトル、発泡スチロールの箱、ゴム栓、釣り糸、消しゴム、ドライアイス、軍手

ドライアイスを触る時は、必ず軍手をすること。
このほか、工具として、カッター、かなづち。それから水を少し用意します。

手順は
はじめに、箱にペットボトルがぴったりはまる穴をあけます。
次に、ペットボトルの中に水を入れ、よく振ってから捨てます。
このペットボトルの中に何度も息を吹き込んでから釣り糸をセットします。
このとき、消しゴムのおもりはペットボトルの底につくようにし、
釣り糸がたるんだり、ゆれたりしないようにぴんとはります。
さいごに、箱の中にボトルをセットしてから、まわりにくだいたドライアイスを入れます。
準備はこれで終わりです。

実験装置をおいておくと、20分くらいで糸のまわりに雪の結晶ができはじめ、
1時間もすればかなり成長します。
雪の結晶は「氷点下の気温」「凝結の核」「水蒸気」という3つの条件が整えばできるのです。
この実験装置では、釣り糸を凝結の核、息を吹き込むことでペットボトルに水蒸気をつめ、
ドライアイスで氷点下の気温にしています。

手軽に雪の結晶を作ってみることができるので、試してみてはいかがですか?

今日の豆知識 - 静電気を防ぐコーディネート

静電気を防ぐコーディネート

ものが触れたり、摩擦したりすると静電気が発生します。 冬は服を重ねて着ますから、 服同士の摩擦で、余計に静電気が起きやすい季節。 ただ、服の組み合わせによっては 静電気を少なくすることができます......[ 続きを読む ]

お天気用語集

くものぶんるい【雲の分類】
雲は、おもにできる高さや形状によって10種類にわけることができ、これを十種雲形という。 雲を高さで分類すると、「上層雲」「中層雲」「下層雲」に分けられる。...
じふぶき【地吹雪】
積もった雪が風のために空中に吹き上げられる現象。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.