ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

さっぽろ雪祭り

  • お天気まめ知識のRSS

いよいよ札幌雪祭りが始まります。
一際目立つのが10メートルを越える大雪像ですが、どのように作られるのでしょうか?
まずは設計図を元に材木で枠を組み、その中に雪を詰め込んでいきます。
市街地の雪は排気ガスなどで汚れ見た目が悪いので
山間部や峠からきれいな雪を持ってくるそうです。
大雪像を作るのに必要な雪は大型トラックで約500台〜1000台分にもなるの
で大変ですね。

そして詰めた雪が固まるのを待って、周囲の木枠を外します。
まだ、巨大な雪のブロックが出来ただけなので、次にこれを削る作業に入るんです。
大きな所はシャベルや斧、細かい所はノミやのこぎりを使って丁寧に削られていきます。
また、昼間は暖かく崩れやすいので、夜に作業をすることもあるそうです。

最後に雪像の表面を仕上げます。
真っ白な雪、それと水を混ぜたものを表面に貼り付けて大雪像が完成します。

大雪像の製作は一ヶ月間前から取り掛かるんです。
こうして厳しい寒さの中作られた大雪像が、たくさんの人の
目を楽しませてくれます。

今日の豆知識 - マツタケは雨・涼しさが好き

マツタケは雨・涼しさが好き

おいしいキノコはいろいろありますが、 秋の味覚といえば、やはりマツタケ!でしょう。 シイタケなどと違って、マツタケは人工的に栽培できません。 マツタケは、秋の天候によって生産量が大きく変わります......[ 続きを読む ]

お天気用語集

たつまき【竜巻】
激しい空気のうずまきで、大きな積乱雲の底から漏斗(ろうと)状に雲が垂れ下がり、陸上では砂を巻上げ、海上では海水を巻上げる。竜巻は低気圧と同じように左巻きの...
ほうしゃぎり【放射霧】
地面および地面近くの空気が放射冷却によって冷却されたときにできる霧。 夜、晴れて風の弱い時に出やすく、盆地で起こりやすい。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.