ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

東京の大雪

  • お天気まめ知識のRSS

東京では雪国と違って、少しの雪でも社会生活に大きな影響が出るため、
5センチの雪が見込まれる時に、大雪注意報が発表されます。

昭和36年以降、41年間の東京で、大雪が降った回数を調べました。
もちろん冬に多く、2月は2年に1度の割合で大雪が降ります。
3月は暖かさに向かう時期ですが、東京では5年に1度は大雪が降ります。
大雪になるのは、冬型が崩れ、低気圧が関東の南を通るときで、
その上強い寒気が残っている時です。
5年に1度は5センチ以上の大雪になって、鉄道に遅れが出たり、
高速道路が閉鎖されたりして、社会生活に大きな影響を与えます。
3月はに入ると暖かな日が増え、もう雪は降らないかな、
と思う頃に降ったりするので油断は禁物です。
1988年4月8日には、9センチの雪が積もったこともあります。

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.