ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

東京の大雪

  • お天気まめ知識のRSS

東京では雪国と違って、少しの雪でも社会生活に大きな影響が出るため、
5センチの雪が見込まれる時に、大雪注意報が発表されます。

昭和36年以降、41年間の東京で、大雪が降った回数を調べました。
もちろん冬に多く、2月は2年に1度の割合で大雪が降ります。
3月は暖かさに向かう時期ですが、東京では5年に1度は大雪が降ります。
大雪になるのは、冬型が崩れ、低気圧が関東の南を通るときで、
その上強い寒気が残っている時です。
5年に1度は5センチ以上の大雪になって、鉄道に遅れが出たり、
高速道路が閉鎖されたりして、社会生活に大きな影響を与えます。
3月はに入ると暖かな日が増え、もう雪は降らないかな、
と思う頃に降ったりするので油断は禁物です。
1988年4月8日には、9センチの雪が積もったこともあります。

今日の豆知識 - 落雷時は電化製品から離れよう

落雷時は電化製品から離れよう

雷がなっている時は、屋外よりも室内の方が安全です。 ただし、室内でも電化製品や電話線から1メートル以上 離れておいた方がいいでしょう。 近くの配電線に落雷すると、 雷の異常電圧が建物や電灯線を......[ 続きを読む ]

お天気用語集

あたたかいあめ【暖かい雨】
凝結の始まりから雨が降るまで、一度も氷の粒を作らない雨。夏に降る。
さんせいう【酸性雨】
ちっ素酸化物やいおう酸化物などの酸性汚染物質が大気中の水蒸気にとけ、硝酸や亜硝酸硫酸など、となり酸性(pH5.6以下)となった雨。 酸性雨は森林を枯らした...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.