ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

植物の目覚め

  • お天気まめ知識のRSS

2月も、もう終わり。
寒の戻りがあったり、逆に春めいた日があったりで
気温の変化が大きい時期です。

毎日通りすがりに眺めていた冬枯れの樹木にも、
このところ少しずつ変化が現れて来ました。
真冬には硬い皮に覆われ、寒さに耐えていた落葉樹の冬芽も、
徐々に膨らみを増して来たのに気づきませんか?
これは樹木が既に春の活動を始めている証拠なんですね。

一般に冬の間休眠している落葉樹などは、
一日の平均気温が5〜6度を上回るようになると、根から活動を始めます。
根から吸い上げた水分や土の中の養分を、幹から枝先へと運んで行くわけですね。
植物期間の始まりで、いわば樹木の冬眠明けといってもよいでしょう。
当然、日本列島は地域によって違いがあるわけで、
関東から西の多くはちょうど今頃から、東北地方で3月下旬、
また北海道では4月に入ってからとなってしまいます。

植物期間の始まりからさらに、ひと月も季節が進み、
平均気温が10度を上回るようになれば、いよいよ待望の桜の季節、
春爛漫と言った陽気になってきます。

今日の豆知識 - 日本の梅雨が苦手な国

日本の梅雨が苦手な国

梅雨どきの天気として大きく分けて 2つのパターンがあります。 梅雨の初めごろは、太平洋高気圧の勢力が弱いため、 前線は日本の南岸に停滞し、しとしととした雨を降らせます。 冷たく湿った北東の風が吹......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ぼうえきふう【貿易風】
赤道付近で定常的にふいている対流圏下層の東風。
ぎゃくてんそう【逆転層】
高度が上昇するほど気温が上昇する気層のこと。普通、気温は高度が上昇すると低下する傾向があるが、それとは逆になっている。冬の晴天時、放射冷却によって起こる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.