ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

雨がだんだん多くなる

  • お天気まめ知識のRSS

西高東低の気圧配置でカラカラ天気の続くことが多い冬の太平洋側も、
春が近づくとともに時々雨が降るようになります。

これは冬の主役、大陸の高気圧の勢力が次第に弱まって、
日本付近を通る低気圧が陸地に近いコースを通ったり、
発達ながら通ることが多くなるからです。

これは2月から3月の東京の一日あたりの雨量をグラフにしたものです。
2月の上旬から下旬にかけて雨量がだんだん多くなっています。
2月下旬に降水量が多いこの頃を、「催花雨(さいかう)」といいます。
聞きなれない言葉ですが、植物が花を咲かせるための大切な雨のことです。

また3月中旬から下旬にかけて日本の南岸沿いに前線が停滞して、
関東以西では梅雨どきのような雨が降り続きます。
菜の花の咲くころにあたるため、「菜種梅雨(なたねづゆ)」と言われています。

「催花」が同じ音の「菜花」に通ずることから、
「菜花雨」「菜種梅雨」になったという説もあります。

まだ雨が降っても弱い雨や短い時間の雨のことが多いのですが、
これからはひと雨の量や時間が増えてきます。

春の花や木々が活動を始めるのもこの時期ですから、
植物にとっては目覚めの雨、活動開始を促される恵みの雨です。

今日の豆知識 - 寒さいろいろ

寒さいろいろ

寒いのが冬・・・といいつつ、寒さにもいろいろあります。 まず、木枯らし、からっ風など「風の寒さ」「風冷え(かぜびえ)」。 例えば、5メートルの風が吹いていると、体感的には5度低く感じます。 こ......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ふうそく【風速】
風がふき、過ぎて行く速さをm/秒単位であらわしたもの。風のふきかたは一様ではないので平均をとって平均風速とし、瞬間の風速を瞬間風速とする。 風の強さの目安...
こうすいかくりつ【降水確率】
予報区内である時間内に降水量1mm以上の雨または雪の降る確率を(%)で表したもの。 0、10、20…というように10%ごとの値となる。 例えば、降水確率5...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.