ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

早春は黄色い花が多い

  • お天気まめ知識のRSS

早春に咲く花はどんなものがあるでしょうか?
思い出してみると黄色い花が多いと思いませんか?
植物研究家の岡本省吾さんが統計したものがこの図です。
2月から3月にかけて咲く花の約半分が黄色です。
黄色い花といえば、福寿草。各地の山に生え、正月の祝花として栽培されています。
元日草とも呼ばれています。
マンサクは、他の花に先駆けて「まず、咲く」ので、この名がついたと言われています。
菜の花が一面に咲いた黄色いじゅうたんも春の訪れを実感する風景ですよね。

次に多いのが白。
水仙や梅・ツバキなどがありますね。
続いて赤や紫となっていますが、濃い色の花はまだ少ないです。

本格的な春を前にやわらかな日差しの下には、
淡い黄色や白の花が似合います。
花を探しに出かけてみませんか?

今日の豆知識 - 日本の梅雨が苦手な国

日本の梅雨が苦手な国

梅雨どきの天気として大きく分けて 2つのパターンがあります。 梅雨の初めごろは、太平洋高気圧の勢力が弱いため、 前線は日本の南岸に停滞し、しとしととした雨を降らせます。 冷たく湿った北東の風が吹......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ぼうえきふう【貿易風】
赤道付近で定常的にふいている対流圏下層の東風。
ぎゃくてんそう【逆転層】
高度が上昇するほど気温が上昇する気層のこと。普通、気温は高度が上昇すると低下する傾向があるが、それとは逆になっている。冬の晴天時、放射冷却によって起こる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.