ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

節分の行事あれこれ

  • お天気まめ知識のRSS

暦では2月3日が「節分」です。
節分はもともと立春・立夏・立秋・立冬の前日をさし、
四季の分かれ目を意味していました。

それが、いつのころからか立春の前日だけが残ったのは、
暦の「立春」を年のはじめとする「立春正月」からきています。
気候が冬から春になるということで、この日は一年の最後の日と考えられていました。
 節分は「厄を祓う(はらう)日」と考えられ、
昔から魔除け・厄除け・無病息災などを願う色々な行事が行なわれてきました。
 煎った大豆をまく「厄払い」の行事は、「人に疫をもたらす鬼を追って、
来たるべき春に福を求める」という中国「明」の時代の風習で、
室町時代に伝わったといわれます。

この日の夜、家の入り口に鰯の頭を刺した「柊(ひいらぎ)」の枝を
掲げておく風習もあります。こうしておくと鬼が柊の枝に刺さって痛がり、
鰯の悪臭にびっくりして逃げていくと考えられていました。
同様に、強い匂いを出す大蒜や葱を刺しておく地方もあります。
魔除け、あるいは邪気を払って無病息災を願う行事の一つといえます。
また、その年の恵方(その年の歳徳神がいる方向)を向いて、
太巻きの寿司を丸かぶりするという風習が東海や関西地方にあります。
こうすると一年間健康で幸せに暮らせるというものです。

今日の豆知識 - 落雷時は電化製品から離れよう

落雷時は電化製品から離れよう

雷がなっている時は、屋外よりも室内の方が安全です。 ただし、室内でも電化製品や電話線から1メートル以上 離れておいた方がいいでしょう。 近くの配電線に落雷すると、 雷の異常電圧が建物や電灯線を......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ふうこう【風向】
風のふいてくる方向。風向はふつう16方位で表すが、テレビなどの天気予報では8方位を用いる。また、風速が0.2m/s以下のときは、風向はなく、「静穏」または...
ごうう【豪雨】
1時間または3時間のどちらか一方の大雨警報基準を超え、かつ24時間の警報基準を超える大雨。24時間以内に100mm(北日本)〜200mm(西日本)以上とな...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.