ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

動植物の冬休み

  • お天気まめ知識のRSS

日毎に冷え込みが強まって、朝方は霜の降りる日が多くなってきました。
寒い時は動きが鈍くなってしまいますが、それは動物や植物も同じです。

最低気温がおよそ5度以下になると、
カエルやヘビなどは冬眠に入るといわれています。
気温が5度以下まで下がる時、地面付近の温度は0度近く。
体温調節ができないカエルは、からだが凍りつかないように、
温度の高い土の中にもぐって、春までお休みします。

動物たちが冬眠して、さらにひと月たつと、
寒さは一層増して、一日の平均気温が5度以下になります。
ここまで寒くなると、植物も成長をストップ、落葉樹の根も活動を停止します。
植物も冬の眠り「休眠」に入ります。

最低気温、平均気温の違いがありますが、
気温「5度」は生き物が冬休みに入る目安といえそうですね。

今日の豆知識 - ホタル前線

ホタル前線

今年も西日本ではホタルが姿を見せるようになってきました。 日本には約40種のホタルの仲間がいますが、 このうち数が多いのはゲンジボタル、ヘイケボタル、 ヒメボタルです。 ゲンジボタルは北は青森......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ふうそく【風速】
風がふき、過ぎて行く速さをm/秒単位であらわしたもの。風のふきかたは一様ではないので平均をとって平均風速とし、瞬間の風速を瞬間風速とする。 風の強さの目安...
にんじんじょうのくも【にんじん状の雲(テ-パリングクラウド)】
風上に向かってしだいに細く筆のような形をした発達した積乱雲のあつまり。気象衛星画像で見ると「にんじん」のような形をしている。大雨や突風などの現象をともなう...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.