ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

冬は朝・夏は夕方

  • お天気まめ知識のRSS

”冬は朝、夏は夕方”。
これは大気汚染が起こりやすい時間帯です。

大気汚染は季節によって時間帯が変わり、原因となる物質も変わります。

冬の大気汚染の主役は窒素酸化物。二酸化窒素や一酸化窒素などです。
窒素酸化物の濃度は、だいたい朝から昼前にピークが現れます。
発生源は工場や自動車で、家庭での暖房でも排出されます。

放射冷却が進んで、地面付近の空気が極端に冷えると、
上空の冷やされていない空気との間に境目ができます。
この境目の下では冷えた空気とともに、汚れた空気がたまってしまいます。
昼間になって気温が上がり空気が混じり合うようになると、
四方八方に広がって、汚染物質の濃度が下がります。

冷え込んだ朝、地面に近いところがぼんやり白く霞んでいたら、
汚れた空気がたまり、汚染物質の濃度が上がっています。

一方、夏の大気汚染の主役は光化学オキシダント、
一般に光化学スモッグと呼ばれます。
光化学オキシダントは、窒素酸化物や硫黄酸化物などが、
強い紫外線を受けて化学変化したもので、
陽射しの強まる昼から夕方が、一番濃度が上がる時間帯です。

今日の豆知識 - 静電気を防ぐコーディネート

静電気を防ぐコーディネート

ものが触れたり、摩擦したりすると静電気が発生します。 冬は服を重ねて着ますから、 服同士の摩擦で、余計に静電気が起きやすい季節。 ただ、服の組み合わせによっては 静電気を少なくすることができます......[ 続きを読む ]

お天気用語集

くものぶんるい【雲の分類】
雲は、おもにできる高さや形状によって10種類にわけることができ、これを十種雲形という。 雲を高さで分類すると、「上層雲」「中層雲」「下層雲」に分けられる。...
じふぶき【地吹雪】
積もった雪が風のために空中に吹き上げられる現象。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.