ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

ゆず湯に入ろう

  • お天気まめ知識のRSS

冬至の日、ゆず湯に入ると風邪をひかないといわれます。
冬至になぜゆず湯かというと、
お湯につかって病気を癒す「湯治(とうじ)」にかけているとのこと。

ゆずに含まれる香り、精油成分にはいろいろな効用があります。
・血行を良くしてからだを暖める、痛みを和らげる
・ビタミンCのおかげでお肌もつるつる、しっとり
・さわやかな香りは昔ながらのアロマテラピー
寒さに疲れた体をリラックスさせてくれますね。

一番簡単なゆず湯の作り方は、
ゆずの実を5、6個輪切りにして、そのままお風呂に浮かべる方法。
ゆずの実を熱湯で20分ほど蒸らしてから、
ネットや布袋に入れて、お風呂に浮かべる方法もあります。
みかんやレモンなども、同じような効果が期待できますが、
みかんの場合は、皮を干してから使った方がいいようです。

「冬至 冬なか 冬はじめ」の言葉通り、寒さはこれからが本番。
あたたかーいゆず湯を楽しんで、冬を元気に過ごしましょう。

今日の豆知識 - 日本の梅雨が苦手な国

日本の梅雨が苦手な国

梅雨どきの天気として大きく分けて 2つのパターンがあります。 梅雨の初めごろは、太平洋高気圧の勢力が弱いため、 前線は日本の南岸に停滞し、しとしととした雨を降らせます。 冷たく湿った北東の風が吹......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ぼうえきふう【貿易風】
赤道付近で定常的にふいている対流圏下層の東風。
ぎゃくてんそう【逆転層】
高度が上昇するほど気温が上昇する気層のこと。普通、気温は高度が上昇すると低下する傾向があるが、それとは逆になっている。冬の晴天時、放射冷却によって起こる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.