ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

つらーい冬の通勤

  • お天気まめ知識のRSS

これからは益々寒くなる一方で、
朝夕の通勤通学も、だんだんつらい季節になって来ますね。

夏の間は快適に風を切っていた、自転車やオートバイの人達も、
近頃は防寒具に身を包み、寒さに耐えているといった様子です。
実際、歩いている人達と彼らでは、同じ気温の時、寒さに対してどのような違いがあるのでしょうか。

一般に体に感じる温度、いわゆる体感温度は、
風速が1メートル増す毎に、約1度下がると言われています。
仮に外気温10度の時で比較して見ましょう。
歩く速度は普通、時速4キロ位ですから、約1メートルの風に当るのと同じ状態です。
ただ、これ位でしたら体感温度は外気温とほとんど変わりません。
晴れた日、風さえ弱ければ、寒さは感じないでしょう。
それが時速15キロで走る自転車の人は、体感温度は5度まで下がってしまいます。
洋服で1枚位は余分にいるでしょう。
まして時速50キロで走るオートバイの人は体感温度は−2度まで下がってしまうんですね。

寒さに耐えながらでは、体も硬くなって危険ですから、暖かい服装で安全運転をして下さいね。

今日の豆知識 - 天気で変わる明るさ

天気で変わる明るさ

夏至までひと月をきり、太陽の光が一段と強くなる季節。 晴れた日はまぶしいほどの明るさになりますが、 明るさは天気によってどれぐらい違うものでしょうか? 快晴の昼の明るさを100とすると、 うす......[ 続きを読む ]

お天気用語集

だんき【暖気】
まわりの空気に比べて高温な空気。
きあつはいち【気圧配置】
高気圧、低気圧、前線などの位置関係のこと。日本付近では季節特有の気圧配置がある。 例 春・秋:移動性高気圧 初夏:梅雨型 夏:南高東低型 冬:西高東低型...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.