ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

つらーい冬の通勤

  • お天気まめ知識のRSS

これからは益々寒くなる一方で、
朝夕の通勤通学も、だんだんつらい季節になって来ますね。

夏の間は快適に風を切っていた、自転車やオートバイの人達も、
近頃は防寒具に身を包み、寒さに耐えているといった様子です。
実際、歩いている人達と彼らでは、同じ気温の時、寒さに対してどのような違いがあるのでしょうか。

一般に体に感じる温度、いわゆる体感温度は、
風速が1メートル増す毎に、約1度下がると言われています。
仮に外気温10度の時で比較して見ましょう。
歩く速度は普通、時速4キロ位ですから、約1メートルの風に当るのと同じ状態です。
ただ、これ位でしたら体感温度は外気温とほとんど変わりません。
晴れた日、風さえ弱ければ、寒さは感じないでしょう。
それが時速15キロで走る自転車の人は、体感温度は5度まで下がってしまいます。
洋服で1枚位は余分にいるでしょう。
まして時速50キロで走るオートバイの人は体感温度は−2度まで下がってしまうんですね。

寒さに耐えながらでは、体も硬くなって危険ですから、暖かい服装で安全運転をして下さいね。

今日の豆知識 - マツタケは雨・涼しさが好き

マツタケは雨・涼しさが好き

おいしいキノコはいろいろありますが、 秋の味覚といえば、やはりマツタケ!でしょう。 シイタケなどと違って、マツタケは人工的に栽培できません。 マツタケは、秋の天候によって生産量が大きく変わります......[ 続きを読む ]

お天気用語集

たつまき【竜巻】
激しい空気のうずまきで、大きな積乱雲の底から漏斗(ろうと)状に雲が垂れ下がり、陸上では砂を巻上げ、海上では海水を巻上げる。竜巻は低気圧と同じように左巻きの...
ほうしゃぎり【放射霧】
地面および地面近くの空気が放射冷却によって冷却されたときにできる霧。 夜、晴れて風の弱い時に出やすく、盆地で起こりやすい。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.