ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

ふくらスズメ

  • お天気まめ知識のRSS

日に日に寒さが厳しくなるこの季節、山には雪も降り、
虫や木の実といった食べ物も減ってきています。

数少ないエサを求めて、
庭や公園にもいろいろな小鳥達がやって来ていますね。
日ごろよく見かけるスズメやシジュウカラだけでなく、
中には遠いシベリアからの来訪者も見られます。
そんな中でスズメが夏や秋に比べてずいぶんと太ったなと感じませんか?

でもあれは決して太ったからという訳ではないんです。
実は羽の間に空気を取り込んで、体を膨らませているんですね。
「ふくらすずめ」、あるいは寒スズメとも言われています。
空気というのは、とても良質な天然の保温材なんです。
保温の効果は毛糸など他の素材より、はるかに優れていると言われています。
その空気を羽の間に何層にも着込んでいるため、
あのように真ん丸に太って見えるんですね。

スズメなど野鳥達もこの時期、いろいろと工夫して、
冷たい北風と寒さに耐えているんですね。

今日の豆知識 - 地上で雪が降る目安

地上で雪が降る目安

四季を通じて毎度おなじみの雨と、冬から春先にかけ空から舞い落ちる雪とでは、 感じや影響が全く違いますが、元をたどれば同じものです。 空に浮かぶ雲は、上空の場合、気温が低く、氷晶と呼ぶ小さな氷の粒......[ 続きを読む ]

お天気用語集

こうすいかくりつ【降水確率】
予報区内である時間内に降水量1mm以上の雨または雪の降る確率を(%)で表したもの。 0、10、20…というように10%ごとの値となる。 例えば、降水確率5...
ほくとうきりゅう【北東気流】
梅雨期や夏オホーツク海付近に高気圧があると、北日本から東日本の太平洋側を中心に冷たく湿った北東風がふく、これを北東気流という。夏の北東気流は「やませ」とい...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.