ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

鉄道の暴雪設備

  • お天気まめ知識のRSS

北海道の札幌では記録的な大雪となりました。
北日本ではこれから雪のシーズン本番です。
公共機関である鉄道の運行を維持するために、
雪の降る地域ではさまざまな防雪・除雪対策が取られています。

防雪林は、吹雪対策として、杉や松などを一定間隔で植林したもの。
防雪柵は、雪崩対策などにとして線路脇の山側斜面や風上側に設置される柵のことです。
雪崩止め排壁も雪崩対策で、線路の山側に設置される壁のこと。
また、雪覆いは、線路に雪が入ることを防ぐために設置されているトンネル状の覆いのことです。

このほかに、線路のポイントが雪により動かなくならないようにするためのカンテラや、
雪を除雪するラッセル車などがあります。

幾多の方法で鉄道は雪から守られているのです。

今日の豆知識 - 秋のふとん干し

秋のふとん干し

朝の冷え込みが強まると、ふとんから出るのがつらくなってきますね。 ふとんの中が暖かいのは、ふとんに含まれる空気が熱を逃がさないからです。 ふとんが湿ってくると中の空気が少なくなって、 その分、熱......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おほーつくかいきだん【オホーツク海気団】
初夏(梅雨期)および初秋にオホーツク海に発生する気団。海面温度の低い海上で発生するので、湿度は高く、温度が低い。この気団からの北東の風が日本付近にふき込む...
おおゆきけいほう【大雪警報】
大雪により重大な災害がおこるおそれがある場合に、その旨を警告して行なう予報のこと。 警報の発表は気象庁が行なう。 大雪警報は各都道府県の地方気象台や指定地...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.