ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

冬の空気で肌はカサカサ

  • お天気まめ知識のRSS

冬は素肌にとって最も手ごわい季節です。気温と湿度の両方が低くなって肌は乾燥します。
普段うるおい不足を感じていない人でも、この時期はスキンケアが必要に感じるようです。
では、どうして、気温と湿度が低くなることで肌は乾燥するのでしょうか。
まず、気温が低くなると肌に触れる空気が冷たくなります。冷たい空気に触れた肌は、
毛細血管の働きが鈍くなり、血液の循環がスムーズにできなくなります。
すると、新陳代謝が低下して、皮脂や汗の分泌量が少なくなり、肌表面のうるおいの膜ができにくくなります。
こうして、肌が乾燥しやすくなります。

また、湿度が低くなると、肌に含まれている水分が、より空気中に蒸発しやすくなります。
気温が低くなることで肌表面のうるおいの膜がなくなるので、水分が空気中に蒸発するのを抑えることもできず、
肌から水分が逃げて、肌はより乾燥してしまいます。

乾燥でできたひび割れは、放っておくと小じわに発展してしまいます。
早めのスキンケアによる対策が必要ですね。

今日の豆知識 - 静電気を防ぐコーディネート

静電気を防ぐコーディネート

ものが触れたり、摩擦したりすると静電気が発生します。 冬は服を重ねて着ますから、 服同士の摩擦で、余計に静電気が起きやすい季節。 ただ、服の組み合わせによっては 静電気を少なくすることができます......[ 続きを読む ]

お天気用語集

くものぶんるい【雲の分類】
雲は、おもにできる高さや形状によって10種類にわけることができ、これを十種雲形という。 雲を高さで分類すると、「上層雲」「中層雲」「下層雲」に分けられる。...
じふぶき【地吹雪】
積もった雪が風のために空中に吹き上げられる現象。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.