ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

火の用心の季節

  • お天気まめ知識のRSS

これから冬にかけ、太平洋側では乾燥の季節となります。

東京では最小湿度が25%以下、実効湿度が50%以下になると予想されるときに
「乾燥注意報」を出し、火災などの注意を呼びかけます。
なお、実効湿度とは木材が含んでいるおおよその水分を表しています。

東京で乾燥注意報が出始めるのは、木枯らしが吹くころ、
過去の平均では11月下旬頃になります。
また、真冬から春先にかけて出ていることが多く、
1月から2月は月の半分以上の日に注意報が出されています。

乾燥注意報の増加とともに、火災件数も増え、また、風邪をひく人も多くなります。

今日の豆知識 - 秋のふとん干し

秋のふとん干し

朝の冷え込みが強まると、ふとんから出るのがつらくなってきますね。 ふとんの中が暖かいのは、ふとんに含まれる空気が熱を逃がさないからです。 ふとんが湿ってくると中の空気が少なくなって、 その分、熱......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おほーつくかいきだん【オホーツク海気団】
初夏(梅雨期)および初秋にオホーツク海に発生する気団。海面温度の低い海上で発生するので、湿度は高く、温度が低い。この気団からの北東の風が日本付近にふき込む...
おおゆきけいほう【大雪警報】
大雪により重大な災害がおこるおそれがある場合に、その旨を警告して行なう予報のこと。 警報の発表は気象庁が行なう。 大雪警報は各都道府県の地方気象台や指定地...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.