ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

北国の冬の使者

  • お天気まめ知識のRSS

北海道では平地でも雪が降り、北から冬の足音も聞かれるようになりました。
その北国には雪の季節を告げる使者がいるんです。
それは北海道の『雪虫』、東北、山形の『雪迎え』です。

北海道では10月頃に、まるで雪が降っているかのように
たくさんの白い小さな虫を見かけることがあります。
これが雪虫で、正式にはトドノネオオワタムシというアブラムシの一種です。
お腹には白い綿のようなものをつけていて、これが雪のように見えます。
『雪虫』を見かけてから1週間から2週間後に初雪が降るといわれています。

そしてもう一つ『雪迎え』とは、ちょうど今ごろの晩秋に、
糸を引いて空を飛ぶクモのことです。このクモが飛んだ後には決まって雪が降るので、
『雪迎え』と呼ばれています。このクモは、暖かく穏やかな小春日和の日に、
グライダーのように空高く飛びます。

このように北国には雪が降るのを知らせてくれる虫がいるんですね。
最近では、開発が進みこのクモも少なくなってしまいましたが、
ちょうどこれからが見られる時期です。
東北に行った際は探してみるのもいいかもしれませんね。

今日の豆知識 - 日本の梅雨が苦手な国

日本の梅雨が苦手な国

梅雨どきの天気として大きく分けて 2つのパターンがあります。 梅雨の初めごろは、太平洋高気圧の勢力が弱いため、 前線は日本の南岸に停滞し、しとしととした雨を降らせます。 冷たく湿った北東の風が吹......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ぼうえきふう【貿易風】
赤道付近で定常的にふいている対流圏下層の東風。
ぎゃくてんそう【逆転層】
高度が上昇するほど気温が上昇する気層のこと。普通、気温は高度が上昇すると低下する傾向があるが、それとは逆になっている。冬の晴天時、放射冷却によって起こる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.