ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

霜と霜柱

  • お天気まめ知識のRSS

先週の小春日和とは一転して、今週はぐっと寒くなりました。
冷え込んだ朝は、ふと下を見ると霜や霜柱を見つけることがあります。

この霜と霜柱、似たような言葉で、
霜の親分が霜柱のように思えますが、出来方はまったく違います。
一言でいうと、霜は空気中の水分が昇華したもの、霜柱は地中の水分が凍ったものです。
霜は、冷えた地面や地面上のものに、空気中の水蒸気が昇華して、
氷の細かい結晶となって付いたもので、一見うっすら雪が降ったように見えます。
見かけは優しくても、霜害など農作物に被害を与え、農家の方は大変です。
霜柱は、土の中の水分が地面に染み出て凍りますので、
毛細管現象で水を吸い上げ易い土、湿り気を帯びた土によく出来ます。
水はけのよすぎる砂、反対に水はけの悪い粘土質、
晴天続きで乾いた土のところは、霜柱の発生が押えられます。
都会は、裏道まで舗装して、土と同時に霜柱を見る機会がほとんどなくなりました。
それだけ、真冬に霜柱を踏んで学校に通った思い出などは、
最近の子供にとって、ピント来ない話でしょうか。

今日の豆知識 - 天気で変わる明るさ

天気で変わる明るさ

夏至までひと月をきり、太陽の光が一段と強くなる季節。 晴れた日はまぶしいほどの明るさになりますが、 明るさは天気によってどれぐらい違うものでしょうか? 快晴の昼の明るさを100とすると、 うす......[ 続きを読む ]

お天気用語集

だんき【暖気】
まわりの空気に比べて高温な空気。
きあつはいち【気圧配置】
高気圧、低気圧、前線などの位置関係のこと。日本付近では季節特有の気圧配置がある。 例 春・秋:移動性高気圧 初夏:梅雨型 夏:南高東低型 冬:西高東低型...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.