ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

二十四節気と初雪

  • お天気まめ知識のRSS

二十四節気の「小雪(しょうせつ)」
寒さが厳しくなり、雪が降り出すころという意味です。
暦の上では雪の季節を迎えますが、実際はどうでしょうか?

初雪の平年日をみますと、
北海道や東北の北部は、「小雪」の前に初雪が降ります。
東北の南部から北陸、山陰地方かけては暦通りで、
「小雪」から「大雪(たいせつ)」までの間。
一方、関東から九州にかけては「大雪」を過ぎてからで、
暦より遅れて初雪を迎えるところが多いようです。

「小雪」を過ぎれば、高い山の雪は深まり、
東北や北海道は、平地でも雪が積もる日があります。
初雪にうながされるように、冬支度を進める季節がやってきます。

今日の豆知識 - マツタケは雨・涼しさが好き

マツタケは雨・涼しさが好き

おいしいキノコはいろいろありますが、 秋の味覚といえば、やはりマツタケ!でしょう。 シイタケなどと違って、マツタケは人工的に栽培できません。 マツタケは、秋の天候によって生産量が大きく変わります......[ 続きを読む ]

お天気用語集

たつまき【竜巻】
激しい空気のうずまきで、大きな積乱雲の底から漏斗(ろうと)状に雲が垂れ下がり、陸上では砂を巻上げ、海上では海水を巻上げる。竜巻は低気圧と同じように左巻きの...
ほうしゃぎり【放射霧】
地面および地面近くの空気が放射冷却によって冷却されたときにできる霧。 夜、晴れて風の弱い時に出やすく、盆地で起こりやすい。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.