ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

イチョウの語源は?

  • お天気まめ知識のRSS

イチョウの葉が黄色く色づくと、秋も最終段階を迎えます。
漢字では「銀杏」もしくは「公孫樹」などと書きますが、
「イチョウ」という発音の源は中国語にあります。

中国では宋の時代、アヒルの足のことを「鴨脚」と書き
「ヤーチャオ」と発音しました。
中国南部ではこれを「イーチャオ」と発音し、
鎌倉時代に日本に伝わったとみられています。
つまり、イチョウの名は水かきを持った
アヒルの足に由来しているのです。

イチョウの栽培が始まったのは11世紀頃で、中国の宋の時代です。
その実は「鴨脚子」もしくは「銀杏」と呼ばれ重宝されていました。
元の時代には栽培化が進み、中国では一般庶民の口にも入るようになりました。

イチョウの木は寿命が長いといわれていますが、
日本にあるイチョウで、樹齢が千年を超えるものはないそうで、
鎌倉時代以降に中国から持ち込まれたと考えられています。

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.