ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

日照時間の変化

  • お天気まめ知識のRSS

冬が近づくにつれて、日本海側では曇りや雨の日が多くなります。
一方、太平洋側は晴れる日が多くなります。

新潟と東京の日照時間を比べてみると、
9月から10月中旬までは、新潟の方が東京よりも長くなっています。
しかし、10月下旬になると日照時間が逆転、
11月には、東京の方が新潟よりも長くなります。
新潟では、曇りや雨あるいは雪の日が多くなって、
いわゆる時雨(しぐれ)の季節を迎えるからです。

これからの季節、日本海側と太平洋側、山を越えると天気が一変します。
車で東京から新潟方面へ向かう場合、東京が晴れていても、
群馬県の山沿いから新潟県にかけては冷たい雨や雪ということが多くなります。
冬タイヤを装備したり、タイヤチェーンを準備して、
事故のないように気をつけましょう。

今日の豆知識 - 寒さとインフルエンザ

寒さとインフルエンザ

風邪に悩まされる季節となりました。 風邪の中でもインフルエンザは症状が重くなったり、感染力が強いので厄介です。 そのインフルエンザウイルスの流行は、気象と密接な関係があることは よく知られていま......[ 続きを読む ]

お天気用語集

じょうしょうきりゅう【上昇気流】
大気が上昇している状態。山岳をふき越そうとする風や低気圧の中心、発達した積乱雲の 中などでみられる。(⇔下降気流)
ぎゃくてんそう【逆転層】
高度が上昇するほど気温が上昇する気層のこと。普通、気温は高度が上昇すると低下する傾向があるが、それとは逆になっている。冬の晴天時、放射冷却によって起こる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.