ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

木枯らしもところ変われば

  • お天気まめ知識のRSS

秋が深まると、日本海側の地方では冷たい雨や雪の降る日が多くなります。
また、太平洋側の地方では、木枯らしの吹く日が多くなります。

大陸からの北西季節風が日本海で雲をつくり、
日本海側の地方では「雪」が降ったり、「しぐれ」になったりします。
一方、山を吹き降りた乾燥した北西季節風は、
太平洋側の地方に乾いた北風をもたらしますが、これが「木枯らし」。
秋の終わりから冬の初めに初冬の頃に現れる天気は地方によって違いますが、
「雪」も「しぐれ」も「木枯らし」も
大陸からの寒気のはんらんが引き起こすものです。

寒気の吹き出したあとは、北風はおさまり、小春日和となります。
寒暖の変化を繰り返しながらやがて冬になります。
なお、「しぐれ」とは、晩秋から初冬の頃、一時、風が強まり、
急にぱらぱらと降ってはやみ、数時間で通り過ぎてゆく雨のことです。

今日の豆知識 - 万緑叢中紅一点

万緑叢中紅一点

「紅一点」といえば、大勢の男性の中に女性が一人だけいる様子です。 緑の草原の中に一輪の紅い花が咲いている光景で、 女性を花に例えたわけです。 ところで、この紅い花は何の花でしょう。 シャクヤク......[ 続きを読む ]

お天気用語集

じょうしょうきりゅう【上昇気流】
大気が上昇している状態。山岳をふき越そうとする風や低気圧の中心、発達した積乱雲の 中などでみられる。(⇔下降気流)
ていたいぜんせん【停滞前線】
ほぼ同じところにとどまっている前線。梅雨前線、秋雨前線などが代表的。 寒気と暖気の強さが同程度でぶつかったまま動かなくなるため、前線が停滞する。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.