ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

カエデの語源は?

  • お天気まめ知識のRSS

カエデの名前は蛙の手に由来します。
葉の形が蛙の手に似ていることから奈良時代には
「かえるで」と言われていたようです。

漢字では「鶏冠木」あるいは「蝦手」としていました。
カエデを漢字で、「木」へんに「風」(楓)と書く場合もありますが、
これは、中国から日本に伝わったときの誤りだそうです。
中国で「楓」とはマンサク科の植物で、
葉が三つに分かれて、紅葉するので、
間違って伝わったと考えられています。
カエデの種類は世界に160種あり、
日本には26種が分布しています。

紅葉するほとんどがカエデ類なので、
一般的にはモミジといえばカエデをさす場合が多いようです。

今日の豆知識 - ふくらスズメ

ふくらスズメ

日に日に寒さが厳しくなるこの季節、山には雪も降り、 虫や木の実といった食べ物も減ってきています。 数少ないエサを求めて、 庭や公園にもいろいろな小鳥達がやって来ていますね。 日ごろよく見かける......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ときどき【時々】
雨などの現象がときどき起こり、その現象の合計時間が予報期間の半分以下のとき。 「くもり時々晴れ」などと使われる。
ていきあつ【低気圧】
周囲に比べて気圧が低いところを低気圧という。天気図の中心に「低」または「L」とかいてあり、中心部の等圧線が円形やだ円形に閉じていて、その中心に近づくほど気...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.