ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

カエデの語源は?

  • お天気まめ知識のRSS

カエデの名前は蛙の手に由来します。
葉の形が蛙の手に似ていることから奈良時代には
「かえるで」と言われていたようです。

漢字では「鶏冠木」あるいは「蝦手」としていました。
カエデを漢字で、「木」へんに「風」(楓)と書く場合もありますが、
これは、中国から日本に伝わったときの誤りだそうです。
中国で「楓」とはマンサク科の植物で、
葉が三つに分かれて、紅葉するので、
間違って伝わったと考えられています。
カエデの種類は世界に160種あり、
日本には26種が分布しています。

紅葉するほとんどがカエデ類なので、
一般的にはモミジといえばカエデをさす場合が多いようです。

今日の豆知識 - 秋のふとん干し

秋のふとん干し

朝の冷え込みが強まると、ふとんから出るのがつらくなってきますね。 ふとんの中が暖かいのは、ふとんに含まれる空気が熱を逃がさないからです。 ふとんが湿ってくると中の空気が少なくなって、 その分、熱......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おほーつくかいきだん【オホーツク海気団】
初夏(梅雨期)および初秋にオホーツク海に発生する気団。海面温度の低い海上で発生するので、湿度は高く、温度が低い。この気団からの北東の風が日本付近にふき込む...
おおゆきけいほう【大雪警報】
大雪により重大な災害がおこるおそれがある場合に、その旨を警告して行なう予報のこと。 警報の発表は気象庁が行なう。 大雪警報は各都道府県の地方気象台や指定地...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.