ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

カエデの語源は?

  • お天気まめ知識のRSS

カエデの名前は蛙の手に由来します。
葉の形が蛙の手に似ていることから奈良時代には
「かえるで」と言われていたようです。

漢字では「鶏冠木」あるいは「蝦手」としていました。
カエデを漢字で、「木」へんに「風」(楓)と書く場合もありますが、
これは、中国から日本に伝わったときの誤りだそうです。
中国で「楓」とはマンサク科の植物で、
葉が三つに分かれて、紅葉するので、
間違って伝わったと考えられています。
カエデの種類は世界に160種あり、
日本には26種が分布しています。

紅葉するほとんどがカエデ類なので、
一般的にはモミジといえばカエデをさす場合が多いようです。

今日の豆知識 - ホタル前線

ホタル前線

今年も西日本ではホタルが姿を見せるようになってきました。 日本には約40種のホタルの仲間がいますが、 このうち数が多いのはゲンジボタル、ヘイケボタル、 ヒメボタルです。 ゲンジボタルは北は青森......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ふうそく【風速】
風がふき、過ぎて行く速さをm/秒単位であらわしたもの。風のふきかたは一様ではないので平均をとって平均風速とし、瞬間の風速を瞬間風速とする。 風の強さの目安...
にんじんじょうのくも【にんじん状の雲(テ-パリングクラウド)】
風上に向かってしだいに細く筆のような形をした発達した積乱雲のあつまり。気象衛星画像で見ると「にんじん」のような形をしている。大雨や突風などの現象をともなう...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.