ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

日がさ月がさは雨の前

  • お天気まめ知識のRSS

太陽や月が、その周りに円い光の環(わ)を持ったように見えることがあります。
そのような光の環を、「日(ひ)がさ」「月(つき)がさ」といいます。
上空7,000mから13,000mの非常に高い場所に、
氷の粒でできた「巻層雲(けんそううん)」と呼ばれる薄い雲が広がると、
太陽や月の光が、屈折や反射をして、
白や光を帯びたような環が太陽や月の周りに見えるようになります。

高気圧と低気圧が日本付近を交互に通るというのが、秋の天気の特徴のひとつです。
高気圧が通り過ぎた頃から、この巻層雲は現れやすくなります。
そのあとには、低気圧がやってきて、天気を崩すことが多く、
この雲が現れると天気が下り坂に向かい始めたことを示しているともいえるわけです。


「日がさ月がさは、雨の兆し」という天気のことわざがありますが、
やがて下り坂に向かって雨になることが多いということを、
昔の人々が経験を通して言い伝えたものと考えられます。

今日の豆知識 - スノーマシーン

スノーマシーン

12月早々にオープンするスキー場の秘密兵器、 それは「スノーマシーン」人工雪を降らせる器械です。 シーズン初めで雪が少ない時期、地形的に雪がつきにくい場所、 人工的に作った雪がそれをフォローして......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ほくとうきりゅう【北東気流】
梅雨期や夏オホーツク海付近に高気圧があると、北日本から東日本の太平洋側を中心に冷たく湿った北東風がふく、これを北東気流という。夏の北東気流は「やませ」とい...
こうかがくたいきおせん【光化学大気汚染】
光化学オキシダントによる大気汚染。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.