ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

紅葉のメカニズム

  • お天気まめ知識のRSS

朝晩はぐっと冷え込むようになり、紅葉も北から南へ、山頂から麓へ移ってきています。
広葉樹の多い日本では、美しく色づく紅葉を見ることも秋の楽しみの一つ。
植物の葉の色は、おもに緑のクロロフィル(葉緑素)、黄色のカロチノイド、
赤のアントシアニンの3つからなっています。
光合成が盛んな春から夏にかけては、ほとんどクロロフィルで占められ、
葉は緑色をしています。

秋になって気温が下がってくると、葉と幹の間にクチクラ層と呼ばれるコルク状の
物質が出来るようになり、光合成で葉の中に作られていた糖分が、幹や根に移動せず
花の中に溜まっていきます。
こうなると、クロロフィルよりもアントシアニンやカロチノイドの色が多くなり
葉が色づきはじめるのです。

紅葉が始まるのは日平均気温が12〜10度、
または最低気温が8度以下になる頃です。
高い山からふもとへ標高差500メートルを10日ほどかけて南下してきます。

紅葉が美しくなる気象条件は、
・昼と夜の寒暖の差が大きい
・夏から秋にかけての日照時間が多い
・台風による葉の痛みが少ない
ことが挙げられます。

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.