ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

十三夜

  • お天気まめ知識のRSS

きょうの月は、十三夜ですが、みなさん知っていますでしょうか?

お月見といえば十五夜が有名ですが、十五夜は旧暦の8月15日(今年は10月1日)に行われるもので、「中秋の名月」「芋名月」と呼ばれています。でも、日本には旧暦の8月15日だけでなく、9月13日にも月見をする風習があり、これが十三夜、「後の月(のちのつき)」、「栗名月」とも呼ばれています。

その旧暦9月13日が今日10月29日なのです。十三夜のお月見は、中国から伝わる前から日本で行われていたもので、お月見の元祖ともいえるものなのです。昔は十五夜と十三夜のどちらかの月を見ないことを片見月(かたみつき)といい、縁起が悪いとされました。このため、昔は十五夜と十三夜と、2度のお月見が盛んに行われていました。

今日の豆知識 - 静電気を防ぐコーディネート

静電気を防ぐコーディネート

ものが触れたり、摩擦したりすると静電気が発生します。 冬は服を重ねて着ますから、 服同士の摩擦で、余計に静電気が起きやすい季節。 ただ、服の組み合わせによっては 静電気を少なくすることができます......[ 続きを読む ]

お天気用語集

くものぶんるい【雲の分類】
雲は、おもにできる高さや形状によって10種類にわけることができ、これを十種雲形という。 雲を高さで分類すると、「上層雲」「中層雲」「下層雲」に分けられる。...
じふぶき【地吹雪】
積もった雪が風のために空中に吹き上げられる現象。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.