ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

十三夜

  • お天気まめ知識のRSS

きょうの月は、十三夜ですが、みなさん知っていますでしょうか?

お月見といえば十五夜が有名ですが、十五夜は旧暦の8月15日(今年は10月1日)に行われるもので、「中秋の名月」「芋名月」と呼ばれています。でも、日本には旧暦の8月15日だけでなく、9月13日にも月見をする風習があり、これが十三夜、「後の月(のちのつき)」、「栗名月」とも呼ばれています。

その旧暦9月13日が今日10月29日なのです。十三夜のお月見は、中国から伝わる前から日本で行われていたもので、お月見の元祖ともいえるものなのです。昔は十五夜と十三夜のどちらかの月を見ないことを片見月(かたみつき)といい、縁起が悪いとされました。このため、昔は十五夜と十三夜と、2度のお月見が盛んに行われていました。

今日の豆知識 - 落雷時は電化製品から離れよう

落雷時は電化製品から離れよう

雷がなっている時は、屋外よりも室内の方が安全です。 ただし、室内でも電化製品や電話線から1メートル以上 離れておいた方がいいでしょう。 近くの配電線に落雷すると、 雷の異常電圧が建物や電灯線を......[ 続きを読む ]

お天気用語集

あたたかいあめ【暖かい雨】
凝結の始まりから雨が降るまで、一度も氷の粒を作らない雨。夏に降る。
さんせいう【酸性雨】
ちっ素酸化物やいおう酸化物などの酸性汚染物質が大気中の水蒸気にとけ、硝酸や亜硝酸硫酸など、となり酸性(pH5.6以下)となった雨。 酸性雨は森林を枯らした...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.