ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

livedoor天気は2020年7月31日をもちまして終了いたします。
詳細はこちら をご確認ください。

トップ > 豆知識

十三夜

  • お天気まめ知識のRSS

きょうの月は、十三夜ですが、みなさん知っていますでしょうか?

お月見といえば十五夜が有名ですが、十五夜は旧暦の8月15日(今年は10月1日)に行われるもので、「中秋の名月」「芋名月」と呼ばれています。でも、日本には旧暦の8月15日だけでなく、9月13日にも月見をする風習があり、これが十三夜、「後の月(のちのつき)」、「栗名月」とも呼ばれています。

その旧暦9月13日が今日10月29日なのです。十三夜のお月見は、中国から伝わる前から日本で行われていたもので、お月見の元祖ともいえるものなのです。昔は十五夜と十三夜のどちらかの月を見ないことを片見月(かたみつき)といい、縁起が悪いとされました。このため、昔は十五夜と十三夜と、2度のお月見が盛んに行われていました。

今日の豆知識 - のりづけお洗濯

のりづけお洗濯

夏は洗濯物の乾きが早く、シャツなら1時間ジーンズでも3時間くらいで気持ちよくかわいてしまいます。 そこで「のり」を使って、夏のお洗濯にもうひと工夫してみませんか?暑い夏でも涼しく過ごせます。の......[ 続きを読む ]

お天気用語集

かんぱ【寒波】
主に冬、広い地域に2〜3日またはそれ以上にわたり、著しい気温の低下をもたらす寒気が到来すること。
ゆうせつがい【融雪害】
融雪が原因となって起こる災害で、なだれ、雪解け水による洪水(融雪洪水)などがある。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.