ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

中秋の名月が見られなくても

  • お天気まめ知識のRSS

旧暦の8月15日は中秋の名月です。
今の暦でいうと9月8日前後(白露)から
10月7日前後(寒露)の間の満月(十五夜)にあたります。
この頃は収穫の時期にあたるため、
この時期の月は特に大事にされました。
ただ、日本ではちょうど秋雨や台風の時期にあたり、
天気が悪くて名月を見られないことも多くあります。
このため、中秋の名月の前後の月にも名前を付け、
それを愛でる風習が生まれたようです。

十五夜の前の月は「待宵(まつよい)」で十五夜を待つ夜、の意味。
十六夜は「いざよい」で、十五夜より遅く出るので、
ためらいながら出る=いざよいながら出る、
と言うところから名前がつけられました。
また、十七夜は「立待月(たちまちづき)」
十八夜は「居待月(いまちづき)」
十九夜は「臥待月(ふしまちづき)」と呼ばれています。
月は日々遅く出るようになるので、
「立って待つ」「居て待つ」「臥して待つ」月と名前がつきました。
なお、この頃の月は、日を追う毎に30分くらい遅く出るようになります。

今日の豆知識 - サッカー五分刈り・ゴルフは五厘

サッカー五分刈り・ゴルフは五厘

野球場では人工芝も使われますが、サッカー場は全て天然芝。 同じく天然芝でプレーするゴルフと芝を比べてみましょう。 一言で言うなら「サッカーは五分刈り・ゴルフは五厘(ごりん)」 まず芝の長さが違......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ごうう【豪雨】
1時間または3時間のどちらか一方の大雨警報基準を超え、かつ24時間の警報基準を超える大雨。24時間以内に100mm(北日本)〜200mm(西日本)以上とな...
さんせいう【酸性雨】
ちっ素酸化物やいおう酸化物などの酸性汚染物質が大気中の水蒸気にとけ、硝酸や亜硝酸硫酸など、となり酸性(pH5.6以下)となった雨。 酸性雨は森林を枯らした...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.