ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

どうして静電気は冬に起こるの?

  • お天気まめ知識のRSS

ドアノブにさわった時、バチバチッとくる季節になりました。
なぜ、冬は静電気が多いのでしょうか?

理由のひとつは「重ね着」です。
寒い冬は服を重ねて着ますから、
服どうしの摩擦で静電気が起きやすくなります。

もうひとつは「空気が乾燥していること」。
空気が湿っていると、静電気は空気中に逃げていきます。
冬は空気が乾燥して、空気中の水分が少なくなります。
静電気は逃げ場がないので、からだに溜まって、
何かの拍子にバチっと放電するわけです。

服の摩擦を防ぐためには、
洗濯のときに柔軟剤を入れる、静電気防止のスプレーを使う、
といった方法が効果的です。
また、加湿器などを利用して、
部屋の湿度を50パーセント以上にするといいですね。

今日の豆知識 - ホタル前線

ホタル前線

今年も西日本ではホタルが姿を見せるようになってきました。 日本には約40種のホタルの仲間がいますが、 このうち数が多いのはゲンジボタル、ヘイケボタル、 ヒメボタルです。 ゲンジボタルは北は青森......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ふうそく【風速】
風がふき、過ぎて行く速さをm/秒単位であらわしたもの。風のふきかたは一様ではないので平均をとって平均風速とし、瞬間の風速を瞬間風速とする。 風の強さの目安...
にんじんじょうのくも【にんじん状の雲(テ-パリングクラウド)】
風上に向かってしだいに細く筆のような形をした発達した積乱雲のあつまり。気象衛星画像で見ると「にんじん」のような形をしている。大雨や突風などの現象をともなう...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.