ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

どうして静電気は冬に起こるの?

  • お天気まめ知識のRSS

ドアノブにさわった時、バチバチッとくる季節になりました。
なぜ、冬は静電気が多いのでしょうか?

理由のひとつは「重ね着」です。
寒い冬は服を重ねて着ますから、
服どうしの摩擦で静電気が起きやすくなります。

もうひとつは「空気が乾燥していること」。
空気が湿っていると、静電気は空気中に逃げていきます。
冬は空気が乾燥して、空気中の水分が少なくなります。
静電気は逃げ場がないので、からだに溜まって、
何かの拍子にバチっと放電するわけです。

服の摩擦を防ぐためには、
洗濯のときに柔軟剤を入れる、静電気防止のスプレーを使う、
といった方法が効果的です。
また、加湿器などを利用して、
部屋の湿度を50パーセント以上にするといいですね。

今日の豆知識 - 秋のふとん干し

秋のふとん干し

朝の冷え込みが強まると、ふとんから出るのがつらくなってきますね。 ふとんの中が暖かいのは、ふとんに含まれる空気が熱を逃がさないからです。 ふとんが湿ってくると中の空気が少なくなって、 その分、熱......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おほーつくかいきだん【オホーツク海気団】
初夏(梅雨期)および初秋にオホーツク海に発生する気団。海面温度の低い海上で発生するので、湿度は高く、温度が低い。この気団からの北東の風が日本付近にふき込む...
おおゆきけいほう【大雪警報】
大雪により重大な災害がおこるおそれがある場合に、その旨を警告して行なう予報のこと。 警報の発表は気象庁が行なう。 大雪警報は各都道府県の地方気象台や指定地...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.