ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

冬晴れナンバー1は?

  • お天気まめ知識のRSS

関東各地の冬の1日あたりの日照時間を比べると、北関東ほど長く南関東ほど
短くなっています。
東京は平均で5時間30分くらいですが、前橋や宇都宮では6時間を上回ります。
水戸から横浜にかけてはだいたい東京と同じくらいで、千葉県の房総半島は5時
間以下です。
冬の東京はいつもすっきりと晴れているというイメージがありますが、
関東地方で冬に一番良く晴れるのは、前橋や宇都宮など北関東なのですね。
これはなぜでしょうか?

冬になると、日本海から北西の季節風の吹くことが多くなります。
季節風がそれほど強くないときは、
関東平野を取り囲む山々を避けるように2つに別れて吹くことがあります。
そうすると関東の南の海上でぶつかって雲が発生し、東京など南関東にかかります。
この影響で、南関東だけが曇ることがあります。
このため、冬は南関東よりも北関東のほうが良く晴れます。

今日の豆知識 - 標高による気温の違い

標高による気温の違い

標高が高いほど気温は低くなります。標高によってどのくらいの気温の差があるのでしょうか。 標高が海抜6mの東京と、860mの河口湖、 1292mの日光中禅寺湖畔の3地点について、 6月の平均気温......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しつど【湿度】
相対湿度は水蒸気量とそのときの気温における飽和水蒸気量との比を百分率で表したもの。
きせつふう【季節風】
季節によってふく特有な風向をもつ風のこと。 季節風は地球規模の大気の流れによって起こる。日本付近では、冬、大陸から日本海に向かって北西の風がふき、夏には太...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.