ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

七草粥は薬膳料理

  • お天気まめ知識のRSS

「せりなずな ごぎょうはこべら ほとけのざ すずなすずしろ これぞななくさ」
と、三十一文字の歌に詠まれた「春の七草」。
「七草粥」の習わしは、平安時代初期に中国から伝わった宮中行事で、
江戸時代に庶民のものとなって現代に受け継がれています。

このうち、すずなはカブ、すずしろは大根で、おなじみの野菜ですすが、
他の5つは田んぼのあぜ道や畑の野草や雑草です。
はじめは、冬場の野菜不足を補うという意味合いが強かったようですが、
寒い中芽吹いた雑草ならではのたくましさをいただくという考えも加わりました。

また、現在では七草のさまざまな薬効成分がわかっています。
せりには、消化機能や子どもの熱さまし。
なずなは、目の充血や視力の改善。
ごぎょうは、咳や痰を止める効果。
はこべは、歯ぐきや胃の健康、母乳の出がよくなる。
ほとけのざは、胃腸や血圧を下げる、打撲や筋肉の痛みに効く。
かぶの葉は利尿や便秘。
大根は胃や腸を整えて消化を助け、コレステロールを下げる効果。
お粥に使う「お米」そのものも胃腸薬として作用するそうです。

全部が揃わなくても、かぶや大根・せりの他、
みつば、ほうれん草や小松菜・ちんげん采にかえても、
どなたも身近に手に入る七草の組み合わせといえるでしょう。

さっと塩茹でをして細かく刻み、
土鍋や炊飯器のお粥モードで炊き上げれば出来上がり。

お正月料理や寒さの中の運動不足で、
お疲れ気味の胃や体を七草がゆや七草雑炊でいたわりませんか。

今日の豆知識 - 日本の梅雨が苦手な国

日本の梅雨が苦手な国

梅雨どきの天気として大きく分けて 2つのパターンがあります。 梅雨の初めごろは、太平洋高気圧の勢力が弱いため、 前線は日本の南岸に停滞し、しとしととした雨を降らせます。 冷たく湿った北東の風が吹......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ぼうえきふう【貿易風】
赤道付近で定常的にふいている対流圏下層の東風。
ぎゃくてんそう【逆転層】
高度が上昇するほど気温が上昇する気層のこと。普通、気温は高度が上昇すると低下する傾向があるが、それとは逆になっている。冬の晴天時、放射冷却によって起こる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.