ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

北陸の雷日数

  • お天気まめ知識のRSS

「雷の季節」といえば、俳句の季語にあるようにやはり「夏」のイメージです。

全国の主な都市の雷日数を調べてみると、
意外にも冬に多い場所もあるのです。グラフを見て下さい。

全国有数の豪雪地帯として知られる新潟県上越市高田における、
平年の季節別雷日数です。
春の雷は四季のうち最も少なく、およそ4日間。
夏と秋はやや増えて共に9日くらい。
ところが冬の雷はグッと増えおよそ14日間に達しています。

冬の冷たい季節風が、対馬暖流で暖かい日本海を渡るとき、
雷の発生源となる積乱雲を作るためです。
特に強い寒気が南下したときは海面付近と上空との気温差が大きくなるため、
強い上昇気流によって積乱雲が一層発達し、
「一発雷」といわれる激しい雷が起こります。

沖でこの雷が鳴ると、やがて雪が降り始めることが多いので、
別名「雪起こし」などといわれています。
冬の雷は、雲の発達した様子が空を覆う雪雲に隠れていて、
夏の入道雲のようには、はっきりわかりません。
このため突然発雷して不意をつかれることが多いので注意が必要です。

今日の豆知識 - ふくらスズメ

ふくらスズメ

日に日に寒さが厳しくなるこの季節、山には雪も降り、 虫や木の実といった食べ物も減ってきています。 数少ないエサを求めて、 庭や公園にもいろいろな小鳥達がやって来ていますね。 日ごろよく見かける......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ときどき【時々】
雨などの現象がときどき起こり、その現象の合計時間が予報期間の半分以下のとき。 「くもり時々晴れ」などと使われる。
ていきあつ【低気圧】
周囲に比べて気圧が低いところを低気圧という。天気図の中心に「低」または「L」とかいてあり、中心部の等圧線が円形やだ円形に閉じていて、その中心に近づくほど気...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.