ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

富士山の見える日数

  • お天気まめ知識のRSS

日本気象協会では、東京から毎日富士山を見つめています。

池袋のサンシャイン60という高層ビルにオフィスがありますが、
ここから富士山が見えた日数を月ごとに統計した結果、
見えた日数が一番多かった月は1月でおよそ16日、
2番目が12月でおよそ12日、3番目が2月でおよそ10日でした。

つまり12月から2月にかけての冬は、
2〜3日に1日は東京から50キロ以上離れた富士山が見えるわけです。
冬の首都圏は「冬晴れ」といわれるよく晴れた日が多く、
強い季節風がチリやホコリを吹き飛ばし、乾いた空気とともに澄んだ空をもたらします。

春になると霞の空になってしまい、曇りや雨の降る日が多くなってきます。
空気中の水蒸気が多くなって、次第に見える日数が少なくなります。
特に、5月から10月にかけては、
見える日数が月のうち1日か2日と、見える日が珍しいくらいです。

今日の豆知識 - 万緑叢中紅一点

万緑叢中紅一点

「紅一点」といえば、大勢の男性の中に女性が一人だけいる様子です。 緑の草原の中に一輪の紅い花が咲いている光景で、 女性を花に例えたわけです。 ところで、この紅い花は何の花でしょう。 シャクヤク......[ 続きを読む ]

お天気用語集

じょうしょうきりゅう【上昇気流】
大気が上昇している状態。山岳をふき越そうとする風や低気圧の中心、発達した積乱雲の 中などでみられる。(⇔下降気流)
ていたいぜんせん【停滞前線】
ほぼ同じところにとどまっている前線。梅雨前線、秋雨前線などが代表的。 寒気と暖気の強さが同程度でぶつかったまま動かなくなるため、前線が停滞する。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.