ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

富士山の見える日数

  • お天気まめ知識のRSS

日本気象協会では、東京から毎日富士山を見つめています。

池袋のサンシャイン60という高層ビルにオフィスがありますが、
ここから富士山が見えた日数を月ごとに統計した結果、
見えた日数が一番多かった月は1月でおよそ16日、
2番目が12月でおよそ12日、3番目が2月でおよそ10日でした。

つまり12月から2月にかけての冬は、
2〜3日に1日は東京から50キロ以上離れた富士山が見えるわけです。
冬の首都圏は「冬晴れ」といわれるよく晴れた日が多く、
強い季節風がチリやホコリを吹き飛ばし、乾いた空気とともに澄んだ空をもたらします。

春になると霞の空になってしまい、曇りや雨の降る日が多くなってきます。
空気中の水蒸気が多くなって、次第に見える日数が少なくなります。
特に、5月から10月にかけては、
見える日数が月のうち1日か2日と、見える日が珍しいくらいです。

今日の豆知識 - 紫外線の季節変化

紫外線の季節変化

陽気がよく、晴れた日は外で過ごすのが 気持ちいいですよね。 でも気をつけなければいけないことがあります。 それは紫外線です。 太陽高度が高くなるにつれ、紫外線の量も多くなります。 このグラフは......[ 続きを読む ]

お天気用語集

おおあめじょうほう【大雨情報】
大雨警報・大雨注意報の内容を補足するために発表される情報のこと。 「大雨情報」は大雨にかなり先立って広い範囲の領域に対して大雨の可能性を警告する内容のもの...
しつどけい【湿度計】
湿度を測定する湿度計には、通風乾湿計、毛髪湿度計、露点湿度計、電気湿度計、赤外線湿度計、紫外線湿度計などがある。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.