ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

富士山の見える日数

  • お天気まめ知識のRSS

日本気象協会では、東京から毎日富士山を見つめています。

池袋のサンシャイン60という高層ビルにオフィスがありますが、
ここから富士山が見えた日数を月ごとに統計した結果、
見えた日数が一番多かった月は1月でおよそ16日、
2番目が12月でおよそ12日、3番目が2月でおよそ10日でした。

つまり12月から2月にかけての冬は、
2〜3日に1日は東京から50キロ以上離れた富士山が見えるわけです。
冬の首都圏は「冬晴れ」といわれるよく晴れた日が多く、
強い季節風がチリやホコリを吹き飛ばし、乾いた空気とともに澄んだ空をもたらします。

春になると霞の空になってしまい、曇りや雨の降る日が多くなってきます。
空気中の水蒸気が多くなって、次第に見える日数が少なくなります。
特に、5月から10月にかけては、
見える日数が月のうち1日か2日と、見える日が珍しいくらいです。

今日の豆知識 - マツタケは雨・涼しさが好き

マツタケは雨・涼しさが好き

おいしいキノコはいろいろありますが、 秋の味覚といえば、やはりマツタケ!でしょう。 シイタケなどと違って、マツタケは人工的に栽培できません。 マツタケは、秋の天候によって生産量が大きく変わります......[ 続きを読む ]

お天気用語集

たつまき【竜巻】
激しい空気のうずまきで、大きな積乱雲の底から漏斗(ろうと)状に雲が垂れ下がり、陸上では砂を巻上げ、海上では海水を巻上げる。竜巻は低気圧と同じように左巻きの...
ほうしゃぎり【放射霧】
地面および地面近くの空気が放射冷却によって冷却されたときにできる霧。 夜、晴れて風の弱い時に出やすく、盆地で起こりやすい。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.