ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

インフルエンザウィルス

  • お天気まめ知識のRSS

インフルエンザの流行のピークは、1月から2月です。
12月から増え始め、4月には終息することが多いようです。
これは冬の気候がインフルエンザのウィルスが活動しやすいことをあらわしています。

そこでインフルエンザのウィルスの生存率が
湿度によってどのくらい違うのか実験してみました。
空気が湿っているときは、6時間後にはほとんどが死んでしまいました。

でも空気が乾燥しているときは、6時間経っても約6割が生存しているのです。

インフルエンザのウィルスが低湿のもとで長い時間生存するので、
冬に流行しやすいことがわかります。

また気温が低いということもウィルスが好む気象条件なのです。
そこで個人でできる予防対策として                   
・外から帰ったら手洗い・うがい
・室内の適度な加湿・換気
・規則正しい生活と休養
・バランスのとれた食事と適切な水分の補給
・必要な時以外は人込みへの外出を控える
・ワクチン接種について、かかりつけ医と相談する
などが挙げられます。
以上のことを心がけて、冬を乗り切りましょう。

今日の豆知識 - 日本の梅雨が苦手な国

日本の梅雨が苦手な国

梅雨どきの天気として大きく分けて 2つのパターンがあります。 梅雨の初めごろは、太平洋高気圧の勢力が弱いため、 前線は日本の南岸に停滞し、しとしととした雨を降らせます。 冷たく湿った北東の風が吹......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ぼうえきふう【貿易風】
赤道付近で定常的にふいている対流圏下層の東風。
ぎゃくてんそう【逆転層】
高度が上昇するほど気温が上昇する気層のこと。普通、気温は高度が上昇すると低下する傾向があるが、それとは逆になっている。冬の晴天時、放射冷却によって起こる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.