ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

インフルエンザに注意

  • お天気まめ知識のRSS

インフルエンザのウィルスの大きさはどのくらいだと思いますか?
粒子ひとつの大きさは直径約100nm(ナノメートル:1mmの100万分の1)と
とっても小さいのです。
この小さなウィルスが感染した人のくしゃみ1回で、大量に空気中に飛び散るのです。
これを他の人が吸い込んだだけで、ノド、鼻、気管支などに
ウィルスが付着して感染してしまうのです。
そしてやっかいなことにこのインフルエンザウィルスは
強い感染力と増殖力を持っているのです。
混雑した電車の中、あるいは学校、会社など人がたくさん集まるところでは
インフルエンザウィルスが一杯だと思って下さい。

この時期は人ごみを避けたほうがよさそうですね。
といってもそうもいきません。

そこで外から帰ったら手を洗って、うがいをすることを心がけてください。
また髪の毛にもウィルスの粒子がついていますので、洗髪もインフルエンザ予防に
効果的です。帽子をかぶって外出するのも防寒にもなっていいですよ。

外から持ち込んだウィルスをよく洗う、これが一番の予防法です。

今日の豆知識 - 静電気を防ぐコーディネート

静電気を防ぐコーディネート

ものが触れたり、摩擦したりすると静電気が発生します。 冬は服を重ねて着ますから、 服同士の摩擦で、余計に静電気が起きやすい季節。 ただ、服の組み合わせによっては 静電気を少なくすることができます......[ 続きを読む ]

お天気用語集

くものぶんるい【雲の分類】
雲は、おもにできる高さや形状によって10種類にわけることができ、これを十種雲形という。 雲を高さで分類すると、「上層雲」「中層雲」「下層雲」に分けられる。...
じふぶき【地吹雪】
積もった雪が風のために空中に吹き上げられる現象。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.